フィットネスクラブの毎日の水質管理を効率化

IoTで見守るスイミングプールの水質

スイミングプール

“清潔で安全な水にこだわっています“ スイミングプールや浴場施設の水にこだわるフィットネスクラブやスポーツジムは少なくありません。さまざまな水処理技術と日々の現場スタッフによる水質管理が、快適で衛生的なスイミングプールの水を維持しています。IoTを活用した水質管理システムは、毎日の水質検査の課題である現場の人手不足解消と管理業務の効率化を実現します。

プールの水質を毎日、確実に管理するには

女性限定、シニア層向け、目標達成支援型など顧客ターゲットの絞り込みや新しいサービスで、近年のフィットネスクラブ業界は会員数増加に向けて各社が顧客のさまざまなニーズに答えようとしています。スイミングプールのクリーンで安全な水、例えば塩素臭を抑えた肌にやさしい水や、高い透明度の水をアピールしているクラブも多く、スイミングプールの快適で衛生的な水の維持管理は健康志向の高い会員にとって重要な設備サービスのひとつです。

プールの水質検査は現場スタッフが決められた検査手順に基づき、毎日数回滞りなく実施されており、その測定記録は現場で保管され、管理者へ報告されています。これらの作業のほとんどが人の手に依存しているため、現場の担当者の入れ替わりや人手不足によって水質管理業務の運用を確実に、安定的にするための教育に苦慮しているクラブは少なくありません。水質測定における知識やノウハウが十分教育・共有されていない場合、測定精度にバラつきが生じてしまうケースも発生しています。一方、現場からの水質管理の状況報告を受け、それらを確認する管理者においては、必ずしも現場に常駐していなかったり、監視業務そのものを効率化する有効な方法がありませんでした。

IoTの活用で、水質監視業務の大幅な効率化が可能に

近年急速に実用化が進んでいるIoT技術を活用することでプールの水質測定と管理業務は大幅に改善することができます。例えば連続自動測定が可能な残留塩素計をプールの“ろ過機”に設置し、測定管理の自動化を行います。その測定値はIoT無線ユニットを経由してクラウドサーバーにアップすることで、エア噛みなど機器トラブルのリスク回避が可能となります。また、現場スタッフによる毎日の残留塩素濃度の定時測定は、ブルートゥースを搭載した測定機器(WATER it)を活用し、測定データをスマートフォンへ送信、自動的にクラウドサーバーへ蓄積することで、瞬時に測定データの一元管理が可能です。温度・湿度・水温などの測定機器もIoT無線ユニットへの接続でクラウドにデータを蓄積することによりペーパーレスの運用が可能となります。

水質測定システムイメージ図

クラウドの測定データを分析して運用を改善

管理者は、クラウドサーバーに蓄積された測定データを分析して、現場の運用確認と改善のためのアクションをとることができます。例えば、現場で測定ポイントの誤りが見つかったら、遠隔からでもデータを測定したスタッフに知らせて指導、スタッフの入れ替わりがあったとしても、短期間で業務を安定化できます。水質管理をどこからでも“見える化”し、シェアすることで従来では発見に時間と手間を要していたエラーに対し、素早い対応が可能となります。

遠隔監視

よくある質問

水温やプールの温度、湿度などの情報も一括することはできますか?

アナログ4-20mA出力信号を保有する機器ならIoT無線ユニットを用意していますので、一括管理できます。

測定データのグラフ化やデータのCSVダウンロードは可能ですか?

可能です。但し、ご要望や選択機種によって、サービスアプリを別途ご準備頂く必要があります。

IoT無線ユニットの通信方式は何ですか?

Sigfoxと3Gに対応していますが利用用途と設置環境に応じてご提案が可能です。

製品情報

電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8680

Webでのお問い合わせ