オプテックスのIoT

OPTEX Smart SensingとともにIot活用の実現とサービス品質の向上へ。

IoTをはじめる

B2BビジネスになぜIoTが求められるか



BtoBビジネスでのIoT活用には、経営視点、現場視点、それぞれで利点があるかどうかが導入において重要なポイントです。

IoT活用で、サービス産業を始めとするさまざまな業界で、業務の効率化や生産性向上など新しいビジネスモデルの構築

IoTシステム概要



IoTのシステムは大きく3つの要素に分けるとわかりやすくなります。
現場におけるセンシング、通信手段、管理手法を目的に応じ選定することでIoTシステム構築がスムーズに進められます。

IoTシステムを構成する要素 センシング
IoTシステムを構成する要素 通信
IoTシステムを構成する要素 オペレーション

IoTに大切なのはバランス



IoTシステムの構築にあたり、重要なのは 「何を」「いつまでに」「どのように」したいのかと 「予算」 とのバランスです。
予算が限られているなかで大きなシステム開発が伴うと、開発スケジュールの長期化や、提供サービスが非常に高額なものになります。
これらのバランスが取れるように、システム構成やコストを考慮する必要があります。

IoTに大切なのは、達成目的に対するシステム構成と予算のバランス

IoTで何を実現したいかを考える



システムと予算のバランスといってもどう考えればよいのかわかりにくいと思います。
例えば、「自社」の「設備異常」を現場の「担当者にメール通知」したいというご要求があれば、システム内容をある程度想定できます。
まずは、「何を」「どのように」したいのか、からご検討ください。

IoTで何を実現したいか、設備の稼働状況、機器の異常監視、測定データの把握
IoTでどのように伝えるか、メール、SNS、CSV、BIツール
IoT導入の目的、自社向け、顧客向け、新規サービス、データ蓄積・分析
IoT導入にむけて、システム開発、費用、スケジュールを決定

センサーと通信の選択



対象物や設置環境からセンサーをえらんだ上で、設置環境と運用頻度などに見合う通信手段を決める必要があります。

IoT活用には、最適なセンシングと通信手段の選定がポイント

オプテックスのIoT

簡易モニタリング



IoTシステム構築にはさまざまな選択肢があるため、検討や導入に時間を要してしまうことがあります。
オプテックスでは、すでに行われている業務や作業などをいかに効率化できるかどうかを重視し、最小限の投資と時間で実現しやすいIoT「簡易モニタリング」の提案を行っています。

オプテックスのIoTは最小限の投資と時間で実現するIoT簡易モニタリング

活用事例(ソリューション、設置事例)



オプテックスはセンサー端末からサービスの運用まで、お客様のビジネスのシーンやニーズに合わせてさまざまなレイヤーで対応することができます。
IoTを活用したビジネスの実現や拡張、まったく新しいビジネスの開発、創造的で新しい仕組みを構築していきます。

オプテックスのIoT 設備モニタリング、スペースモニタリング、水質モニタリング

IoT向けセンサー・デバイス



オプテックスでは、用途に適した屋内向け、屋外向けの数多くのセンサー・デバイスとともに、IoTを今すぐはじめられるコンバータなどをラインアップしています。

IoTパートナーシップ



サービス産業を始めとするさまざまな業界に対し、業務の効率化や生産性向上、創造的で新しいビジネスモデルの構築を実現しています。これらの活用は、実際に運用を担うパートナー企業と共創し、社会課題の解決を目指しています。
*掲載はパートナーの一部です。

電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8890

Webでのお問い合わせ