マネジメントチーム

2017年にオプテックス株式会社代表取締役に就任しました。
大学卒業後は三洋電機でデジタルや情報通信、システムを用いて多岐にわたる新技術開発やビジネス開発に23年間従事しました。そこで培った知見をオプテックスのアナログ技術と融合させて新たな分野を開拓するため2006年にオプテックスに入り、セキュリティ事業をはじめとしたオプテックスの主力ビジネスの事業責任者を務め、グローバルニッチNo.1や業界初となる製品やサービスを世に送り出しています。M&Aや戦略的な事業提携も積極的に行い、継続的な事業成長に重要な役割を果たしました。また、IoT活用にいち早く着目し、当社のセンシング技術をデータビジネスに活用する新たな市場開拓を推進しています。

2017年にオプテックス株式会社の取締役に就任しました。
入社以来、現在世界トップシェアを保有する屋外用センサービジネスの礎を築くとともに、1985年には当社初の海外拠点であるアメリカの子会社設立に携わりました。アメリカでの社長を経て、約30年間セキュリティおよび自動ドア事業の海外における販路開拓や事業拡大に貢献しました。また、2014年には重点市場における販売力強化、販路再編と戦略策定を主導するため、EMEA地域HQsの会長に就任し、グローバルでの販売及びマーケティングの統括責任を担いました。現在は次なる拡大市場であるアジア太平洋地域の立ち上げに注力しています。

2017年にオプテックス株式会社の取締役に就任し、グローバルでの業務改革や経営状況のみえる化実現、源流からの品質改善活動を起点としたものづくり力向上など、事業成長を支える経営基盤強化の全体統括を担っています。またそれを実現するための人事制度をはじめ、働き方の革新も推進しています。
入社後、製造部門や多くの分野での開発に携わり、開発・生産体制を構築してきました。1999年から約10年間は自動ドアビジネスの開発および事業責任者を務め、デジタル技術の導入や開発効率の向上を実現し、国内トップシェア獲得、海外でのシェア向上など事業の躍進に成功しています。また、2014年より商品開発にデザイン思考を導入。オプテックスにおけるものづくりの基礎となるデザインフィロソフィー「オプテックスのかたち」を定義し、全社展開の主導的役割を担ってきました。

2021年にオプテックス株式会社の取締役に就任しました。
1994年の入社直後に北米に渡り営業やマーケティングを担当、のちに米国子会社の取締役を務めています。2007年には買収した英国のサービス企業の社長となり、販売力強化に注力して事業を軌道に乗せました。米州本社の社長に就任した2012年からは、営業体制の再構築による新販路開拓や新規ビジネスを推進して会社の発展に貢献しました。多くのキャリアを海外で重ねたのち日本本社に帰任し、現在はSEC事業本部長として新たな成長エンジンの創造に取り組んでいます。
創造力・機動力・多様性を重視したチームビルディングで、グローバル市場で活躍できるチャレンジ精神に溢れた人材を育成し、当社の未来に貢献してまいります。

2021年にオプテックス株式会社の取締役に就任しました。
事業管理部門を担い、お客様へより良い製品を安定してお届けするために「即納体制を実現するためのサプライチェーンの維持と改革」や「安定生産を続けるための製品維持活動」、「要求が高度化する各国規格対応」などを実行してきました。また、それらの活動を効率よく動かすためのプロセスやITシステムを構築しています。
事業環境の激しい変化に対応し、当社の製品・サービスも変革していきます。それを加速し、支えるデジタルトランスフォーメーション推進も重要な役割です。
安全・安心・快適な社会を支える製品・サービスをお届けするため、さらなる改革に取り組んでまいります。

2021年にオプテックス株式会社の取締役に就任しました。
1994年に都市銀行に入行後、米国ボストン大学ビジネススクールで経営学を学ぶ機会をいただきました。帰国後はコンサルティング会社でクライアント企業の組織風土変革を目的とした価値観・ビジョンの構築支援とその浸透のための各種プログラムの企画・運営に携わりました。2004年オプテックスに入社後は、経営企画部門を経て主に新規事業の立上げや企業買収に取組みました。2011年にはこれまでの見識を生かすべく、前年に買収した米国子会社の経営者として赴任し、ポストM&Aを推し進め、グループ会社との事業シナジー創出と経営改善に貢献しました。2017年に帰任後は、本社戦略本部長としてM&AやIoTを使った新規事業の創出、戦略的な知的財産権活用など、オプテックスの事業拡大に尽力しています。

※2021年3月16日時点