ソーラー式LEDセンサー照明 調光タイプ

駐車場用(調光タイプ)LC-1000/2000シリーズ

ソーラー式LEDセンサー照明 調光タイプ 駐車場用(調光タイプ)LC-1000/2000シリーズ
  • CLED
  • LC-2000W(BL)[ワイド配光][ブラック]
  • LC-2000C(BL)[サークル配光][ブラック]
  • LC-1000W(BL)[ワイド配光][ブラック]
  • LC-1000C(BL)[サークル配光][ブラック]
  • LC-2000W(BL)

    希望小売価格¥283800(税込)

  • LC-2000C(BL)

    希望小売価格¥283800(税込)

  • LC-1000W(BL)

    希望小売価格¥250800(税込)

  • LC-1000C(BL)

    希望小売価格¥250800(税込)

LC-2000W(BL)/LC-2000C(BL)
●定格光束:2000lm(水銀灯80W形相当)
●設置場所:(照明本体)屋外、(ソーラーユニット)屋外

LC-1000W(BL)/LC-1000C(BL)
●定格光束:1200lm(水銀灯40W形相当)
●設置場所:(照明本体)屋外、(ソーラーユニット)屋外


災害避難場所など、有事の際に暗がりの不安を解消し、
人々に安心感を提供できるソーラー照明。寒冷地に対応。

特長

ソーラーLED照明では最大級の明るさ

設置写真

一般的なソーラー照明との違い

比較
  • 2017年10月現在 当社調べ
  • 上表は一般的なソーラー照明の特徴を記したもので、特定機種との比較ではありません。

調光動作と節電イメージ

1.暗くなると、2%の明るさでほんのり点灯。

※LC-1000シリーズの場合、ほんのり点灯が5%になります。
2.センサー検知で70%点灯。点灯時間は3秒/10秒の選択が可能。
3.人がいなくなると、再び2%の明るさでほんのり点灯。

※LC-1000シリーズの場合、ほんのり点灯が5%になります。

小型ながら長時間点灯を実現

センサー調光で消費電力を大幅に削減。ソーラーパネルとバッテリーの小型化と長時間点灯を両立させました。

点灯動作モード 待機時の明るさ 待機点灯時間 検知時※2 無日照時点灯可能期間※3
センサーライトモード 消灯 100%点灯 15日(27日)
朝まで点灯モード1 点灯してから ※1 16時間点灯 70%点灯 5日(6日)※4
16時間以内2%(5%)点灯
16時間以後消灯
朝まで点灯モード2 点灯してから ※1 14時間 70%点灯 4日(4日)※4
14時間以内5%(10%)点灯
14時間以後消灯
フラッシングモード 消灯 点滅 15日(27日)
  • ( )の数値はLC-1000シリーズ
  • 1:内蔵の照度センサーで夜と判定すると待機点灯します。
  • 2:最大値の時の明るさとなります。
  • 3:チタン酸リチウムイオン電池が満充電された状態から、一切充電が行われない場合(真冬日、ソーラーパネルへの積雪や連続雨天などの場合)の使用可能日数のことです。(算出条件)検知時:10秒タイマー点灯で、検知回数:100回/1日の場合
  • 4:無日照時点灯可能期間以降はバッテリーの残量が少ないため、待機時は点灯せず、検知時のみの点灯(センサーライトモード)となります。

日照条件で選べる取付方法

新設時のポール取付はもちろん、既設のポール、壁面、後付設置が可能。大掛かりな取付工事が必要ありません。

分離取付で、しっかり南向きに。

  • 分離取り付けには、別売のPA-150SBが2個必要。
  • 灯体とソーラーユニット及びパネル間は最大25mまで延長可能(キャブタイヤケーブル2PNCT 1.25m㎡ 2芯 使用時)
  • 0.75m㎡使用時は最大15m
取り付け方法

パネル増設で充電効率倍増。

  • 別売のソーラーパネルSP-10Wは 1枚まで増設可能(寒冷地域では必須)。
    パネルを2枚に増設することで、充電速度が2倍になり少ない日照時間でも効率的な運用が可能。
取り付け方法
業界最大※の検知エリア

業界最大※の検知エリア

※2017年10月当社調べ

導入コストイメージ

導入コストイメージ

AC電源式の照明器具と比較すると、配線工事費用と材料費分のコスト削減が可能です

補助金・助成金情報

本製品は、各省庁や自治体の補助金や助成金の対象になる場合があります。
各対象についての詳細は、こちらを参照ください。

補助金・助成金情報

搭載バッテリーについて

バッテリー残量に応じて検知時の点灯照度を自動制御するため、容量を無駄に使いません。(バッテリーセービング機能)
長寿命なチタン酸リチウムイオン電池を採用しています。

ソーラーユニットは十分に充電できるように、つぎのようなところに取り付けてください。

[条件]

  • 真南向け
  • 日中はできるだけ長時間日光の当たる場所
  • 年間を通してできるかぎり長時間太陽光が当たる場所
  • 推奨取付角度(太陽光が直角に当たるように取付)
ソーラー取り付け方法

寒冷地での使用時の注意点

本製品に搭載したチタン酸リチウムイオン電池が満充電された状態から、一切充電が行われない場合(日中の気温が-20℃を下回る場合、ソーラーパネルへの積雪や連続雨天などの場合)の点灯可能日数は約4-6日です。これを超える使用環境下においては、LEDライトが点灯しない場合があります。

  • 本製品は気温が-20℃以下になると、安全上充電を停止します。
    -20℃以下が続く場所でご使用された場合、製品の仕様上、不点灯や設定とは異なる点灯動作となる場合があります。
    ソーラーパネルは、必ず2枚に増設してください。増設することで、充電速度が2倍になり、少ない日照時間でも効率的な運用が可能となります。

推奨設置場所

駐車場
駐車場
工場内構内通路
工場内構内通路
非常階段
非常階段

オプション

PDFファイル、DXFファイル等のダウンロードはこちら

仕様 LC-2000W(BL)/LC-2000C(BL)

  • 検知エリア

  • 照度分布図

  • 仕 様

  • 外形寸法図

平面図

単位(m)

ワイド配光
サークル配光

※器具高さ:H4.5m、照射角度:30°、保守率:1.0、単位:lx

タイプ ソーラー式LEDセンサー照明 調光タイプ
型 式 LC-2000W(BL) LC-2000C(BL)
電 源 専用ソーラーユニット
(10Wソーラーパネル、14.4V 6000mAh チタン酸リチウムイオン充電池内蔵)
光 源 白色LED(クールホワイト)
照射角度 120°×60° ワイドエリア 90° サークル
色温度(CCT) 5650~6300K
演色性(CRI) 70
定格光束 2000lm
無日照時点灯可能期間 4〜5日間(設定モードにより異なる)
使用温度範囲 −20℃~+55℃(結露および氷結なきこと)、充電時:−20℃~+55℃
※寒冷地ではソーラーパネル2枚使用を推奨します。
保存温度範囲 −25℃~+35℃(3か月以上の保管はおやめください)
使用湿度範囲 35〜85%RH/保存時35〜95%RH
保護構造 IP65(防塵・防噴流形)
接続ケーブル ビニルキャブタイヤケーブル(VCT) 口出し線長さ約 1.5m
延長用ケーブル 太さ:1.25m㎡(AWG16)、配線長:25m以下
(推奨ケーブル)キャブタイヤケーブル 2PNCT 1.25m㎡ 2芯
耐候性、防水性能のある、ケーブルをご準備ください。
質 量 約7.6kg
材 質 アルミダイカスト、ポリカーボネート、高密度ポリエチレン、ステンレス(SUS304)
設置場所 屋外ポール、壁面
耐風速 60m/s(JIS C8105-2-3準拠)
耐塩害 耐塩仕様
動作表示灯(赤色LED) 電源投入時(ウォームアップ時):ゆっくり点滅
待機時:消灯  検知時(夜間):点灯
動作設定 【センサーライトモード】
待機時消灯。人感センサー検知時に100%で点灯
【朝まで点灯モード1】
昼夜判別センサーで夜と判定してから、最長16時間 待機時 ほんのり2%で点灯
人感センサー検知時は70%の明るさで点灯
【朝まで点灯モード2】
昼夜判別センサーで夜と判定してから、最長14時間 待機時 ほんのり5%で点灯
人感センサー検知時は70%の明るさで点灯
【フラッシング】
普段は消灯、人感センサー検知時にフラッシング点灯
バッテリーセービング機能 バッテリー残量に応じて、待機時照度、人検知時照度を自動調節
タイマー 10秒/3秒/テスト(1秒) 切替
付属品 人感センサー用検知エリアマスキングプレート×1、昼夜判別センサー目隠しシール×1
取付ボルト M8×18 ×4、鳥除け針×2、接着剤(鳥除け針固定用)×1、取扱説明書(保証書付き)
人感センサー
調整可動範囲 上下50°可変
検知エリア水平角度 150°/80°(検知エリアマスキングプレート装着時)
検知方法 パッシブインフラレッド方式
検知ゾーン数 84本
検知感度 低/中/高 切替
付帯機能 温度補償回路(周囲温度に応じて検知感度を自動調整)
昼夜判別センサー
昼夜判別 40~400 lx (オープンエリアにて)
外形寸法図

単位(mm)

仕様 LC-1000W(BL)/LC-1000C(BL)

  • 検知エリア

  • 照度分布図

  • 仕 様

  • 外形寸法図

検知エリア

単位(m)

照度分布図

単位(lx)

タイプ ソーラー式LEDセンサー照明 調光タイプ
型 式 LC-1000W(BL) LC-1000C(BL)
電 源 専用ソーラーユニット
(10Wソーラーパネル、14.4V 6000mAh チタン酸リチウムイオン充電池内蔵)
光 源 白色LED(クールホワイト)
照射角度 120°×60°ワイド 90° サークル
色温度(CCT) 5650~6300K
演色性(CRI) 70
定格光束 1200 lm
無日照時点灯可能期間 4〜6日間(設定モードにより異なる)
使用温度範囲 -20℃~+55℃(結露・氷結なきこと)、充電時:-20℃~+55℃
保存温度範囲 -25℃~+35℃(3ケ月以上の保管はお止め下さい)
使用湿度範囲 35〜85%RH/保存時35〜95%RH
保護構造 IP65(耐塵・防噴流形)
接続ケーブル ビニルキャブタイヤケーブル(VCT) 口出し線長さ約 1.5m
延長用ケーブル 太さ:1.25m㎡(AWG16)、配線長:25m以下
(推奨ケーブル)キャブタイヤケーブル 2PNCT 1.25m㎡ 2芯
耐候性、防水性能のある、ケーブルをご準備ください。
質 量 約7.6kg
材 質 アルミダイカスト、ポリカーボネート、高密度ポリエチレン、ステンレス(SUS304)
設置場所 屋外ポール、壁面
耐風速 60m/s(JIS C8105-2-3準拠)
耐塩害 耐塩仕様
動作表示灯(赤色LED) 電源投入時(ウォームアップ時):ゆっくり点滅
待機時:消灯  検知時(夜間):点灯
動作設定 【待機 0%】人感センサー 待機時:消灯、検知時:100%で点灯
【待機 10% 14時】
(夜判定後、14時間以内)人感センサー 待機時:10%点灯、検知時:70%で点灯
(14時間以後から朝判定まで)人感センサー 待機時:消灯、検知時:70%で点灯
【待機 5% 16時間】
(夜判定後、16時間以内)人感センサー 待機時:5%点灯、検知時:70%で点灯
(16時間以後から朝判定まで)人感センサー 待機時:消灯、検知時:70%で点灯
【フラッシング】人感センサー 待機時:消灯、検知時:フラッシング点灯
バッテリーセービング機能 バッテリー残量に応じて、待機時照度、人検知時照度を自動調節
タイマー 10秒/3秒/テスト(1秒)切替
付属品 人感センサー用検知エリアマスキングプレート×1、昼夜判別センサー目隠しシール×1
鳥除け針×2、鳥除け針取付ブッシュ×2、取扱説明書(保証書付き)
人感センサー
調整可動範囲 上下50°可変
検知エリア水平角度 150°/80°(検知エリアマスキングプレート装着時)
検知方法 パッシブインフラレッド方式
検知ゾーン数 84本
検知感度 低/中/高 切替
付帯機能 温度補償回路(周囲温度に応じて検知感度を自動調整)
昼夜判別センサー
昼夜判別 40~400 lx (オープンエリアにて)

※仕様は改良の為予告なく変更することがあります。

外形寸法図

単位(mm)

製品に関するお問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8630
東京支店
03-5733-1725

製品サポート情報