よくある質問 センサー照明

LC-1000W(BL)、LC-1000C(BL)、LC-2000W(BL)、LC-2000C(BL)について

電源を入れてしばらくたってもLEDライトが点灯しない

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①ウォームアップ中である。
約1分間お待ちください。
②周囲が明るい
昼夜判別センサが昼判定時は、LEDライトは点灯しません。
③ソーラーユニットの照明部電源スイッチが「切」になっている。
ソーラーユニットの照明部電源スイッチを「入」にしてください。
④ソーラーユニットの設置位置が適した場所、方角に設置されておらず、バッテリーの充電量が足りない。
ソーラーユニットをより日光が当たるところに設置してください。詳しくは、取扱説明書の15ページを参照してください。バッテリー残量は、バッテリー残量チェックボタンで確認できます。詳しくは、取扱説明書の9ページを参照してください。
⑤バッテリーの寿命である。
バッテリーボックスを新しいものに交換してください。交換方法は、取扱説明書の22、23ページを参照してください。

人がいるのにLEDライトが 暗くなったり、消灯する

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①人が動いていない。
検知エリア内に人がいても動かないと点灯しないことがあります。再度動くと点灯します。
②検知エリアの前にガラスなどの遮蔽物がある
人感センサの前にガラスや壁などの遮蔽物があると、人の動きを検知できません。検知範囲の調整または取付場所を変更してください。
③検知感度が低い。
検知エリアを調整しても、調光動作点灯しない場合は、取扱説明書の8ページを参照し、検知感度を変更してください。
④100%点灯の時間が短い。
タイマー設定スイッチで、100%点灯の時間を長くしてください。詳しくは、取扱説明書の8ページを参照してください。
⑤検知エリア内に人が入っていない。
検知エリアを調整してください。

人がいないのにLEDライトが明るくなる

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①検知エリア内に木や旗など動く物がある。
動く物があると、検知して点灯することがあります。詳しくは、取扱説明書の4ページを参照してください。動く物を取り除くか取付場所を変更してください。
②検知エリア内に熱源や風を出す物がある。
検知エリア内や本体付近に熱源や風を出す物(ヒーターやクーラーの室外機換気扇等)があると点灯することがあります。障害物を取り除くか取付場所を変更してください。
③検知エリアの延長線上に動く物がある。
自動車などが検知エリアの延長線上を通過すると検知することがあります。また周囲の温度によって検知距離が変わる場合があります。詳しくは、取扱説明書の4ページを参照してください。
④検知感度が高すぎる。
検知エリアを調整しても、人がいないのにLEDライトが明るくなる場合は、取扱説明書の8ページを参照し、検知感度を変更してください。
⑤検知エリアが広すぎる。
人感センサ用検知エリアマスキングプレートを使用してください。詳しくは、取扱説明書の19ページを参照してください。

LEDライトが設定どおりの明るさで点灯しない。または、消灯する場合がある

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①バッテリーセービング機能が働いている。
バッテリーセービング機能は、バッテリー残量により自動的にLEDライトの明るさを変える機能です。LEDライトの明るさが設定と異なった明るさになりますが、より長くLEDライトを点灯させる省電力運転機能ですので、安心してお使いください。
バッテリーセービング機能は、バッテリーが、
●少し減ったとき:待機時、人検知時の明るさが設定より少し暗くなります
(フラッシングモードを除く)
●さらに減ったとき:人検知時の明るさはさらに暗くなり、待機時は消灯します
(フラッシングモードを除く)
●無くなったとき:点灯動作しません。
なお、人感センサによるLEDライトの点灯回数が多く、バッテリーセービング機能が頻繁に働き、
使用用途に合わない場合は、以下の方法をご検討ください。
●タイマー設定スイッチを変更する。
タイマー設定が10秒の場合、3秒に変更してください。詳しくは、取扱説明書の8ページを参照してください。
●使用を一旦中断し、再充電する。
使用を一旦中断して、再充電してから再度使用してください。詳しくは、取扱説明書の7ページを参照してください。
●ソーラーパネルを増設する。
本製品には、オプションのソーラーパネルを1枚増設することができます。増設ソーラーパネルSP-10W(別売)をご購入頂き、増設してください。増設の方法は、増設ソーラーパネル SP-10W(別売)の取扱説明書を参照してください。

「昼夜判別センサ目隠しシール」を貼り付けているのにLEDライトが点灯しない

ソーラーユニットの端子台カバーが外れていないか確認してください。外れたままの場合、ここから光が入り込んでいる可能性が考えられます。カバーを取り付け、再度確認してください。

「積雪の多い地域でパネル角度を50°~60°にして設置するのは何故ですか?

パネルに積もった雪が落ち易くなるためです。

点灯可能時間は?

リチウムイオン電池が満充電された状態から一切充電が行われない場合で且つ100回/日 10秒タイマー検知時100%点灯で LC-1000シリーズは約27日間、LC-2000シリーズは約15日間 になります(センサライトモード時)

ポール取付けする方法はありますか?

ポールには以下の金具(別売)を使って取付ける事ができます。
丸ポール:ポール金具 PA-150SB(別売)適合ポール径Ф 76.3~114.3
角柱:角柱取付金具 LC-LBS04(別売)適合幅 75~100mm
コンクリート柱:壁面・ポール取付架台 LC-LBS03(別売)適合径 Φ75~300

LC-3300SC90DPRO、LC-3300SC90Dについて

電源を入れてしばらくたってもLEDライトが点灯しない

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①ウォームアップ中である。
約1分間お待ちください。
②周囲が明るい
昼夜判別センサが昼判定時は、LEDライトは点灯しません。昼でもLEDライトを点灯したい場合は、取扱説明書の12ページを参照してください。

人がいるのにLEDライトが減光する

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①人が動いていない。
検知エリア内に人がいても動かないと点灯しないことがあります。再度動くと点灯します。
②検知エリアの前にガラスなどの遮蔽物がある
人感センサの前にガラスや壁などの遮蔽物があると、人の動きを検知できません。検知範囲の調整または取付場所を変更してください。
③検知感度が低い。
検知エリアを調整しても、調光動作点灯しない場合は、取扱説明書の10ページを参照し、検知感度を変更してください。
④100%点灯の時間が短い。
タイマー設定スイッチで、100%点灯の時間を長くしてください。詳しくは、取扱説明書の10ページを参照してください。
⑤検知エリア内に人が入っていない。
検知エリアを調整してください。

人がいないのにLEDライトが増光する

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①検知エリア内に木や旗など動く物がある。
動く物があると、検知して点灯することがあります。詳しくは、取扱説明書の3ページを参照してください。動く物を取り除くか取付場所を変更してください。
②検知エリア内に熱源や風を出す物がある。
検知エリア内や本体付近に熱源や風を出す物(ヒーターやクーラーの室外機換気扇等)があると点灯することがあります。障害物を取り除くか取付場所を変更してください。
③検知エリアの延長線上に動く物がある。
自動車などが検知エリアの延長線上を通過すると検知することがあります。また周囲の温度によって検知距離が変わる場合があります。詳しくは、取扱説明書の3ページを参照してください。
④検知感度が高すぎる。
検知エリアを調整しても、調光動作点灯しない場合は、取扱説明書の10ページを参照し、検知感度を変更してください。
⑤検知エリアが広すぎる。
人感センサ用検知エリアマスキングプレートを使用してください。

EL-101L、EL-202Lについて

電源を入れてしばらくたってもLEDライトが点灯しない

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①ウォームアップ中である。
約2分間お待ちください。

人がいるのにLEDライトが調光点灯しない

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①人が検知エリアに入っていない。
検知エリアを再確認してください。詳しくは、取扱説明書の6ページを参照してください。
②人が動いていない。
検知エリア内に人がいても動かないと点灯しないことがあります。再度動くと点灯します。
③検知エリアの前にガラスなどの遮蔽物がある
人感センサの前にガラスや壁などの遮蔽物があると、人の動きを検知できません。検知範囲の調整または取付場所を変更してください。
④点灯照度の設定が暗すぎる。
取扱説明書の8ページを参照し設定を変更してください。
⑤検知感度が低い。
検知エリアを調整しても、調光動作点灯しない場合は、取扱説明書の7ページを参照し、検知感度を変更してください。

人がいるのにLEDライトが減光する

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①人が動いていない。
検知エリア内に人がいても動かないと点灯しません。再度動くと点灯します。
②増光時間が短い。
設定スイッチで、増光保持時間を長くしてください。詳しくは、取扱説明書の7ページを参照してください。
③検知エリア内に人が入っていない。
検知エリアを調整してください。
④検知感度が低い。
検知エリアを調整しても、調光動作点灯しない場合は、取扱説明書の7ページを参照し、検知感度を変更してください。

人がいないのにLEDライトが増光する

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①検知エリア内に木や旗など動く物がある。
動く物があると、検知して点灯することがあります。詳しくは、取扱説明書の3ページを参照してください。動く物を取り除くか取付場所を変更してください。
②検知エリア内に熱源や風を出す物がある。
検知エリア内や本体付近に熱源や風を出す物(ヒーターやクーラーの室外機換気扇等)があると点灯することがあります。障害物を取り除くか取付場所を変更してください。
③検知エリアの延長線上に動く物がある。
自動車などが検知エリアの延長線上を通過すると検知することがあります。また周囲の温度によって検知距離が変わる場合があります。詳しくは、取扱説明書の3ページを参照してください。
④知感度が高すぎる。
検知エリアを調整しても、調光動作点灯しない場合は、取扱説明書の7ページを参照し、検知感度を変更してください。

周囲が暗いのにLEDライトが消灯、もしくは、周囲が明るくなっているのにLEDライトが点灯する

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①点灯照度ボリュームの設定が合っていない。
取扱説明書の8ページを参照し設定を変更してください。
②照度センサの感度自動補正期間が終わっていない。
数日後には正常になります。故障ではありません。数日間お待ちできないときには、自動点滅器を購入していただき、取扱説明書の8ページを参照して『点灯照度ボリューム』を右一杯に回し『常時』に設定してください。

LA-11LED、LA-22LEDについて

電源プラグをコンセントに差し込んでも点灯しない

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①電源が正しく供給されていない。
コンセントのスイッチやブレーカなどがオンになっていることを確認してください。

人がいるのに点灯しない

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①人が検知エリアに入っていない。
検知距離や検知エリアの角度を調節してください。詳しくは、取扱説明書の5ページを参照してください。
②人が動いていない。
検知エリア内に人がいても動かないと点灯しないことがあります。
③人が正面から近づいている。
センサに対して人が正面から近づくと検知しにくいことがあります。できるだけ検知エリアを横切るように取り付けてください。
④寒いときや雨降りのときで、人がマフラーや傘などで覆われている。
センサは人の動きによる温度変化を検知するため、検知しにくくなることがあります。検知距離や検知エリアの角度を調節するか、取付場所を変更してください。詳しくは、取扱説明書の5ページを参照してください。
⑤夏季など周囲の温度と人体表面温度との差が少ない。
センサは人の動きによる温度変化を検知するため、検知しにくくなることがあります。検知距離や検知エリアの角度を調節するか、取付場所を変更してください。詳しくは、取扱説明書の5ページを参照してください。
⑥人が非常にゆっくりとした速度で検知エリアに進入している。
センサは人の動きによる温度変化を検知するため、検知しにくくなることがあります。検知距離や検知エリアの角度を調節するか、取付場所を変更してください。詳しくは、取扱説明書の5ページを参照してください。
⑦検知エリアが遮られている。
センサの前にガラスや壁などの遮へい物があると人を検知できません。検知距離や検知エリアの角度を調節するか、取付場所を変更してください。詳しくは、取扱説明書の5ページを参照してください。
⑧周囲が明るい(夜でも周囲に他の照明器具がある)。
点灯開始照度を変更してください。詳しくは、取扱説明書の6ページを参照してください。

人がいるのに消灯する

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①人が動いていない。
検知エリア内に人がいても人が動かないと消灯することがあります。
②点灯時間が短い。
点灯時間を長くしてください。詳しくは、取扱説明書の6ページを参照してください。
③人が検知エリアに入っていない。
検知距離や検知エリアの角度を調整してください。詳しくは、取扱説明書の5ページを参照してください。

人がいないのに消灯しない

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①電源プラグを差し込んだあとのウォームアップ中である。
ウォームアップが終了するまで、検知エリアの外でおまちください。詳しくは、取扱説明書の6ページを参照してください。
②何らかの物体がセンサに反応し続けているため、点灯時間が延長されている。
検知距離や検知エリアの角度を調節するか、取付場所を変更してください。詳しくは、取扱説明書の5ページを参照してください。

人がいないのに点灯する

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①検知エリア内に木や旗、通行する車両などの動く物がある。
検知エリア内に動く物があると、検知して点灯することがあります(検知エリア内に犬や猫などが入っても
点灯することがあります)。動く物を取り除くか、取付場所を変更してください。詳しくは、取扱説明書の3ページを参照してください。
②検知エリア内に熱源や風を出す物がある。
検知エリア内や本体付近に熱源や風を出す物(ヒーターやクーラーの室外機、換気扇など)があると、点灯することがあります。障害物を取り除くか、取付場所を変更してください。詳しくは、取扱説明書の3ページを参照してください。
③検知エリアの延長線上に動く物がある。
熱源となる大きな物(車など)が検知エリアの延長線上を通過すると検知することがあります。また、周囲の温度によって検知距離が変わることがあります。取付場所を変更してください。
④風や車両の通行で、この製品を取り付けている柱などが振動している。
振動の影響を受けない物に取り付けてください。
⑤常時点灯モードになっている。
「点灯時間調節ボリューム」のつまみ位置を確認します。「D」の位置は、常時点灯モードで、この状態だと、人感センサは無効となり、照明が常時点灯状態となります。
もし「D」の位置になっている場合には、「D」の位置より左に設定し直してください。

昼間なのに点灯する

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①点灯開始照度が【昼】に設定されている。
「点灯開始照度調節ボリューム」を【夜】側に設定してください。詳しくは、取扱説明書の6ページを参照してください。

②「点灯時間調節ボリューム」が【T】の位置(テストモード)になっている。
「点灯時間調節ボリューム」を【T】の位置よりも右側に設定してください。

ライトが点滅する(点灯したり消灯したりを繰り返す)

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①この製品の照射方向に光を反射する物がある。
反射した光をセンサが検知して誤動作することがあります。光を反射する物を取り除くか、取付場所を変更してください。

ライトが点灯してもすぐに消える

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①点灯時間が【5秒】に設定されている。
「点灯時間調節ボリューム」を【10分】側に設定してください。詳しくは、取扱説明書の6ページを参照してください。
②この製品の照射方向に光を反射する物がある。
反射した光をセンサが検知して誤動作することがあります。光を反射する物を取り除くか、取付場所を変更してください。

検知エリアを小さく調整したいのですが

下記のようにエリアを小さくすることができます。

LED電球の取り外し、交換はできますか?

LED電球の取り外しや交換は出来ません。

ライト部の首振り範囲を教えて下さい。

下記の範囲で首振り動作が可能です。
上下方向:垂直より下方向に約70°の範囲で可動
左右方向:正面より左右に各40°の範囲で可動

LA-1LED(B)、LA-1LED(P)、LA-1LED(PS)について

電源を入れてもLED電球が点灯しない。

①LED電球がゆるんでいる。もしくは切れている。
LED電球をしめてください。
②照度センサ感度調整ボリュームが★の方になっている。
照度センサ感度調整ボリュームを (太陽のマーク)の方へいっぱいに回してください。

時々点灯しない。

①検知エリアの調整が不適当である。
検知エリアを調整してください。

人が通らないのに点灯する。

①検知エリア内に動く物がある。小動物を検知している。
動くものを取り除いてください。
②10m先以上の人、車などを検知している。
検知エリアの設定を変更してください。

検知について

センサライトはどのように人を検知するのですか?

センサは検知エリアの背景の温度を常にみています。その中に動きがあるもの(人や車、植木や洗濯物など)が入ってくると温度変化が生じます。その変化をセンサが検知し、ライトを点灯させる仕組みになっています

木や洗濯物も検知してしまうのですか?

検知する可能性があります。
センサは検知エリアの背景の温度を常にみています。その中に動きがあるもの(人や車、植木や洗濯物など)が入ってくると、温度変化が生じ検知します。

車を検知することができますか?

センサライトは車も検知します。
※センサはゆっくりとした温度変化を検知しないように調整されていますので、車が停止して徐々に表面温度が冷えていく場合には検知しません。(ただし雨に濡れて急激に冷やされると検知する可能性はあります。)

人がいないのに動作するのはなぜですか?

検知エリア内に次のようなことがある場合は、人がいなくても動作する可能性があります。
・風などで動くような植木、洗濯物などがあるとき
・エアコンの室外機や換気扇の風が吹き込んだとき
・車、犬や猫などが通ったとき
・ヘッドライトなどの強い光が、直接センサに照射したとき

取り付け方法について

取付位置を高くしても使用できますか?

取付位置が高くなると、感度は通常の高さ(2.5m程度)に設置したときよりも悪くなります。検知エリアが広くなるため不要な場所でも検知したり、感度が悪くなるためエリアに入っても検知しない場合が起こる可能性があり、おすすめできません。また、センサの下側(真下に近いところ)はエリアがなくなり検知しなくなります。
若干であれば高くしてもご利用いただけますが、検知エリアを下に向けて、検知エリアが狭く(距離が短く)なるようにしてください。
2.5m以上に設置する場合、高所取付けが可能なタイプがあります。LC-3300SC90DPRO、LC-3300SC90D、LC-1000SC90DSOL、EL-101L、EL-202L、EL-100V、EL-200Vをご検討ください(4.5m設置が可能)。

壁や天井など、どこでも取り付けることができますか?

機種によって取り付けできる場所が異なります。製品個別ページにてご確認ください。

機能について

フラッシング(点滅)機能があるものはどれですか?

下記の機種で設定が可能です。
LC-3300SC90DPRO、LC-1000SC90DSOL、LA-1LED(B)、LA-1LED(P)、LA-1LED(PS)、LA-1P

ソーラータイプやコンセント不要のセンサライトはありますか?

LC-1000SC90DSOL、LA-30LEDです。

日中はライトを点灯させないようにできますか?

できます。弊社センサライトは全て昼夜判別機能付です。

毎日、暗くなると自動的に連続点灯し、朝になると自動的に消灯するものはありますか?

センサライトでは、LC-3300SC90DPRO、LC-3300SC90D、LA-11LED、LA-22LEDです。エクステリア防犯ライトにも常夜灯機能があります。

連続点灯機能があるものはどれですか?

センサの働きを停止させ、連続して点灯するモードで、夜間の作業灯としても使える便利な機能です。

連続点灯機能があるものはどれですか?

LC-3300SC90DPRO、LC-3300SC90D、LA-11LED、LA-22LED、LA-10PRO、LA-21です。

連続点灯モードに切り換えるにはどうすればいいですか?

■LA-21
センサ点灯モードで使用中に電源プラグをコンセントから「(1)抜く」→「(2)差し込む」→「(3)抜く」→「(4)差し込む」を[3秒]以内に行ってください。
■LA-10PRO
センサ点灯モードで使用中に電源プラグをコンセントから「(1)抜く」→「(2)差し込む」を[1秒]以内に行ってください。 ※切り換えの操作を行って、約2秒後に連続点灯をはじめます。
※点灯照度設定ボリュームがマーク側の位置の時に、周囲が明るい場合は、「連続点灯モード」に切り換えても点灯しませんが、周囲が暗くなると自動的に連続点灯をはじめます。
その後、周囲が明るくなると消灯し「センサ点灯モード」に戻ります。したがって、「連続点灯モード」は一晩以上続きません。
※ウォームアップ中や検知が連続している場合は「連続点灯モード」に切り換わりません。ウォームアップが終了し、検知していない状態で「連続点灯モード」への切り換えを行ってください。
■LC-3300SC90DPRO、LC-3300SC90D
本体スイッチカバー内にある「設定スイッチ」を「常時点灯」に設定します。センサ検知動作は無効となり、夜間連続点灯となります。LC-3300SC90DPROは、連続点灯時の明るさも設定可能です。
■LA-11LED、LA-22LED
本体下部にある「点灯時間調節ボリューム」ツマミを「D」の位置に合わせます。「点灯開始照度調節ボリューム」ツマミが【夜】の位置(左いっぱい)の場合は夜間連続点灯します。【昼】の位置(右いっぱい)の場合、昼夜に関係なく連続点灯します。

他のセンサでセンサライトを点灯させることはできますか?

できません。弊社センサライトは外部入力を持っていません。

接点出力付のものはどれですか?

LA-1LED(PS)に無電圧接点出力があります。
※無電圧接点出力時間は約2秒のワンショット出力です。チャイムやブザーを接続される場合は、ワンショット入力で動作するものを選択してください。チャイムやブザーが接続した機器の出力時間に依存するタイプでは、約2秒しか鳴りません。
※ 接点出力容量は、DC30V/200mAです。この容量を超えるチャイムやブザーは使用できません。
※ 無電圧接点出力は、1c接点出力です。(COM共通のa接点/b接点出力)a接点(NO接点、メーク接点)、もしくはb接点(NC接点、ブレーク接点)のいずれかを使うことができます。

LEDセンサライトの明るさ相当(ワット)を教えて下さい。

各LEDセンサライトの明るさ相当は下記となります(100%点灯時)

LA-22LED ・・・白熱灯40W形×2灯
LA-11LED ・・・白熱灯40W形
LA-10PROLED ・・・ハロゲン灯100W形
LA-30LED ・・・ハロゲン灯10W形
EL-101L ・・・水銀灯 40W形
EL-202L ・・・水銀灯 40W形×2灯
LC-3300系 ・・・水銀灯150W形
LC-1000系 ・・・水銀灯40W形
LA-1LED系 ・・・白熱灯200W形

LEDセンサライトの屋外使用可能機種を教えて下さい。

LEDセンサライトの屋外使用可能機種は下記となります。

LA-10PROLED、EL-101L、EL-202L、
LC-3300系、LC-1000系

LEDセンサライトの電源の種類を教えて下さい。

各LEDセンサライトの電源タイプは下記となります。

LA-22LED ・・・ プラグタイプ(約3m)
LA-11LED ・・・ プラグタイプ(約3m)
LA-30LED ・・・ ソーラーから供給
LA-10PROLED ・・・ 差込コネクタ直結タイプ
EL-101L  ・・・ 口出し線タイプ(約0.75m)
EL-202L  ・・・ 口出し線タイプ(約0.75m)
LC-3300系 ・・・ 口出し線タイプ(約1.5m)
LC-1000系 ・・・ ソーラーから供給
LA-1LED系 ・・・ 防水プラグタイプ(約1m/(B)のみ約5m)

電球について

交換電球はどこで購入できますか?

お近くの家電店、電気工事店、家電量販店で、メーカー名と型番を伝え、お取り寄せて頂いてください。価格は各店舗にお尋ねください。(ただし取扱いのない店舗もございますので、事前にお電話などでお問い合わせいただくことをお奨めいたします。)

電球の寿命はどれくらいですか?

一般にハロゲン球の連続点灯時間は3000時間程度です。
単純に1日1時間点灯とすると3000日になりますが、「点灯・消灯の繰り返し」「外気温の変化」「電源電圧変動」「雷による誘電ノイズ」など寿命が短くなる条件が多数あるため、実使用においては1~3年程度です。

LA-10PROLEDについて

検知エリアマスキングカバーの取り付け方、取り外し方がわからないのですが

【検知エリアマスキングカバーの取付け方】
①予め本体に取り付けてある、「検知エリアマスキングカバー(マスキングなしタイプ)」を
取り外します。

②左右のすき間にマイナスドライバーを差し込み、本体正面に向かって外して下さい。

③付属品の検知エリアマスキングカバーを必要に応じてカッターなどで切り取り、
検知レンズ部分に装着することにより左右方向の検知範囲を狭くすることができます。

【検知エリアマスキングカバーの外し方】
①検知エリアマスキングカバーの左右のすき間にマイナスドライバーを差し込み、
本体正面に向かって外して下さい。
②保管しておいた、検知エリアマスキングカバー(マスキングなしタイプ)を取付けます。

動画でもご覧頂けます。

LA-30LED(販売終了品)について

センサ部の赤いLEDが点滅しているのですが、どういう状態ですか?

赤いLEDの点滅は、ローバッテリー状態になっていることを示しています。
再び使用できる状態に戻すには、ソーラーパネル面にしっかりと太陽光を当てて、電力をバッテリーに蓄積することが必要です。 次の手順に従い、充電してください。
(1) 本体下部の「点灯時間スイッチ」を“切”に設定します。
(2) 7日~10日くらい、そのまま充電してください。 ■ソーラーユニットの日照の条件がよくない可能性もあります。以下の条件をご確認ください。
(1) 晴れた日の11時~13時を含む4時間以上、ソーラーパネル面に直射日光を当ててください。
(2) ソーラーパネル面を真南に向けて、地面に対して30~45°に設置してください。

フル充電するのに、どれくらいの時間が必要ですか?

ソーラーユニットを適切に設置し、晴天が続いたとして約1週間でフル充電できます。
※ローバッテリーを示す赤色LEDの点滅はこの条件で充電した場合、2~3日で止まりますが、フル充電させるために1週間を目処に充電してください。

バッテリーの寿命はどれくらいですか?

2~5年を目安としてください。しかし使用条件によって大きく左右されます。
また、ローバッテリーを繰り返しますと、極端に寿命が短くなりますのでご注意ください。

本体からカチカチという音がして、点灯しなくなりました

バッテリーの劣化が進むと、このような現象が発生することがありますのでバッテリーの交換をおすすめします。
(交換用ソーラーバッテリー:BT-30 希望小売価格¥7,350/税込)
日照条件が良くないことも考えられますので、ソーラーユニットの設置状態もご確認ください。

ソーラーユニットを灯体から分離して取付する方法を教えてください

壁面に設置する場合は、付属の取付ビス2本(必要に応じてコンクリート用スリーブ)を使用してください。取付ピッチは34~42mmです。柱やポールに設置する場合は、付属のバイスをご利用ください。
ソーラーパネルは以下の点に注意して設置してください。
真南/午前11時から午後3時まで太陽光が直接あたる場所/接続コードがゆとりを持って届く場所(接続コード長5m・延長不可)/接続コードが人や車に踏まれない場所 になるようご注意ください。

まったく点灯しない

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①電源プラグが抜けている。
ソーラーユニット側の電源出力ジャックを点検してください。
②充電不足
周囲が暗いときに人を検知するとローバッテリー表示灯が点滅します。点灯時間スイッチを「切」の位置にして、5日以上充電してからご使用ください。詳しくは、取扱説明書の「8.充電不足の表示」を参照してください。

点灯しないことがある。

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①検知エリアがさえぎられている。
壁、塀などで検知エリアがさえぎられていると検知できません。エリアをさえぎる物がある場合は、遮蔽物を移動するか取付場所を変更してください。
②周囲が明るい。
照度センサにより周囲が明るいと点灯しません。周囲が暗くなってから再度確認してください。
③充電不足。
充電量が不足すると点灯しなくなります。詳しくは、取扱説明書の「8.充電不足の表示」を参照してください。

人が通らないのに点灯する(充電不足を避けるため、直ちに対処をしてください)

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①検知エリア内に動く物がある(植木、道路の車、洗濯物など)
動く物があると検知して点灯することがあります。犬や猫などが検知エリア内を通っても点灯することがあります。動く物を移動させるか、取付場所を変更してください。
②検知エリア内に熱源や風を出す物がある。
検知エリア内や本体付近に熱源や風を出す物(エアコン室外機、換気扇など)があると点灯することがあります。取付場所を変更してください。
③検知エリアの延長線上に動く物がある。
自動車などが検知エリアの延長線上を通過すると検知することがあります。周囲の温度によって検知距離が長くなったり短くなったりすることがあります。

人がいるのに消灯する。

つぎのような原因が考えられますので、それぞれの確認をお願いします。
①人が検知エリアに入っていない。
検知エリアを再点検してください。詳しくは、取扱説明書「2.検知エリア」を参照してください。
②人が動いていない。
検知エリア内に人がいても動かないと消灯することがあります。再度動くと点灯します。

交換バッテリはありますか?

交換用バッテリー(オプション) BT-30 を用意しております。
寿命は使用頻度や設置環境によりますが、約2~5年が目安となります。

検知エリアを変更する事はできますか?

検知エリアを変更する事はできません。

常時点灯はできますか?

常時100%点灯はできません。15秒/30秒の設定となります。

ソーラーでは無く、電源タイプとして使用することはできますか?

電源でのご利用はできません。

本体とソーラー部のケーブル延長は可能ですか?

延長はできません。ケーブル長は5mになっております。

LA-1LED(PS)について

無電圧接点出力とはどういうものですか?

センサの検知信号を出力し、他の機器を動作させるための出力です。検知信号はセンサ検知時に常時出力します。
・無電圧接点出力容量:DC30V、200mA、抵抗負荷
・無電圧接点出力時間:2秒(ワンショット式)

無電圧接点出力を利用すると何ができますか?

これを利用して、他の機器を動作させたり、センサが検知したことを知らせることができます。
なお、ライト部は明るさセンサで昼間点灯しないように設定できますが、接点出力はライトの点灯に関わらず、センサ検知時に常時出力されます。

ベルや回転灯、チャイムなどを接続することができますか?

防犯受信器CB-22をご利用いただければ可能です。
LA-1LED(PS)で直接動作させることは、接点の容量が少ないことや保持時間が約2秒と短いためできません。

故障かなと思ったら

ライトが勝手に点灯してしまいます

検知エリア内に次のようなことがある場合は、人がいなくても動作する可能性がありますので、お調べください。
・風などで動くような植木、洗濯物などが検知エリアに入っていませんか?
・エアコンの室外機や換気扇の風が吹き込んでいませんか?
・車や犬、猫などが通ったりしていませんか?
・車のヘッドライトなどの強い光が、直接センサに照射したりしていませんか?
これでも具合の悪い場合は機器の不具合が考えられます。お買い上げの販売店・工事店、もしくは弊社お客様ご相談窓口までご相談ください。

ライトが点灯しません

次のようなことが考えられますので、お調べください。
・電球が切れていませんか? 
→切れていれば電球を交換ください。

交換電球についてはこちら

・センサが何も検知していないことはありませんか?
→センサ部に手をかざすなどしてライトが点灯しますでしょうか?その際、ライトが点灯せず、本体からカチカチ音も聞こえなければ機器の不具合が考えられます。お買い上げの販売店・工事店、もしくは弊社お客様ご相談窓口までご相談ください。
・センサ部分がひどく汚れていることはありませんか?
→センサの窓部分が汚れていると検知できなくなります(窓ガラスがひどく汚れると窓の向うが見えないのと同じです)。布などで汚れを取り除いてください。
・外灯や窓明かりがセンサに入ってしまってはいませんか?
→昼夜判別機能が働き、明るい時と判断してしまっています。外灯などの影響を受けなくするのは難しいと思われますので、昼夜判別機能をオフ(昼も夜も点灯する)にしてください。

ライトが点きっ放し(連続点灯)になっています

■連続点灯機能が備わっている機種
(1) 連続点灯を解除してください(LC-3300SC90DPRO、LC-3300SC90D:設定スイッチの変更で解除。LA-11LED、LA-22LED:ツマミ位置の変更で解除。LA-10PRO、LA-21:3秒以内にコンセントの抜差しを2回う動作で解除)
(2) 点きっ放しになる原因が連続点灯モードでない場合は、検知エリア内にある人以外のもの(木や車、小動物、洗濯物)を検知して点灯していると思われますので、検知エリアを調整しください。
(3) それでも点灯しつづける場合は機器の不具合が考えられます。お買い上げの販売店・工事店、もしくは弊社お客様ご相談窓口までご相談ください。
■連続点灯機能がない機種
(1) 検知エリア内にある人以外のもの(木や車、小動物、洗濯物)を検知して点灯している可能性がありますので、それらがエリア内に入らないように検知エリアを調整してください。
(2) それでも点灯しつづける場合は機器の不具合が考えられます。お買い上げの販売店・工事店、もしくは弊社お客様ご相談窓口までご相談ください。

購入方法について

機器や電球は、どこで購入できますか?

お近くの家電店、電気工事店、家電量販店で、メーカー名と型番を伝え、お取り寄せて頂いてください。価格は各店舗にお尋ねください。(ただし取扱いのない店舗もございますので、事前にお電話などでお問い合わせいただくことをお奨めいたします。)

後継機種について

修理について

電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8630
東京支店
03-5733-1725

Webでのお問い合わせ