『満空表示』設置で、混雑や渋滞のない店舗運営を

スーパーマーケットに併設された無料駐車場の渋滞対策

スーパーマーケットなど小売店舗の無料駐車場は、車で来店される方にとって必要不可欠で、来店を決める重要なポイントです。
しかし、来店客にとって駐車場の混雑やトラブルは大きなストレスになり、店舗のイメージ低下やクレームに繋がることがあります。また、周辺道路の渋滞を引き起こした場合は、近隣住民からのクレームや警察からの指導を受けることもあるため、早めの対策が必要です。

渋滞・クレームが発生しやすい駐車場とは

店舗併設の駐車場では、十分な駐車スペースを確保できないことが多く、夕方など来店が集中する時間帯は混雑が生じます。
特に以下のような場所では、渋滞やクレームが発生する傾向にあります。
・交通量が多い道路に面している
・見通しが悪く、駐車状況が確認できない
・駐車場内で回遊、停車できるスペースがない
・第二駐車場への誘導ができていない
・立体駐車場で、上層階への誘導ができていない

駐車状況を知らせる「満空表示」が効果的

混雑や渋滞は、駐車状況を知らないお客様が次々に入場することで発生しており、『満空表示』を設置して駐車状況を事前に知らせることが重要となります。
第二駐車場を保有する店舗においては、第一駐車場満車時に第二駐車場へ誘導案内を行うとより効果的です。
交通誘導員配置も有効な対策ですが、人件費がかかるため、短期あるいは『満空表示』と併用した運用が望ましく、駐車規模や立地条件を考慮し、費用対効果のある対策が求められます。

『満空表示』導入のポイント

『満空表示』を行うには、駐車状況を把握する車両検知センサー、制御を行うコントローラー、そして満空表示灯の設置が必要です。
導入に際しては、以下のポイントを考慮して機器を選定してください。
・機器代、施工費などの初期投資コスト
・メンテナンスなどのランニングコスト
・店舗休業による機会損失(施工期間中)

オプテックスのViiK Parking Systemは、地面設置型のワイヤレス車両検知センサーであるため、店舗を休業することなく設置が可能で、施工期間及びコストの削減にも貢献します。
また、メンテナンスは5年に1回の電池交換で済むため、ランニングも含めたトータルコストを抑えることができます。

関連情報

製品に関するお問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


電話でのお問い合わせ

東京支店
03-5733-1727
FAX
03-5473-3990