監視カメラシステムだけじゃない

住宅向け屋外警備システムで泥棒を早期撃退

商業施設向けのみならず、住宅向けの防犯対策として監視カメラシステム(カメラと録画機器)が普及しています。日本においては、築年数10年以下の分譲マンションの約9割以上に、賃貸マンションでも約半数に設置されています。駐車場や駐輪場、泥棒が侵入しそうな出入り口にカメラを設置し、静止画や動画を記録するのが一般的です。また昨今のネットワーク技術の発達により、遠隔地からパソコンやスマートフォンから確認できるシステムも注目を集めています。

監視カメラシステムだけで本当にセキュリティは万全なのか?

監視カメラシステムは犯罪が起こった瞬間、つまり過去にさかのぼって録画された静止画や動画を確認できるので、犯人探しをおこなう際には欠かせないシステムです。しかし住宅を守るセキュリティシステムとして、それだけで本当に十分なのでしょうか?防犯において重要なことは、大切な家族や財産を泥棒から守ること。犯罪が発生してからでは遅いのです。泥棒による敷地や住居への侵入を未然に防ぎ、可能であれば泥棒を追い払いたい。それを実現するには、具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

屋外警備システムの導入でより安心、より安全

大切な家族や財産を泥棒から守ること、犯罪を未然に抑止すること。それこそ、オプテックスが重要だと考える防犯のあり方です。
日本をはじめ世界の多くの地域において、一般住宅で屋内だけではなく、屋外に警備システムを導入するケースが増えています。具体的には次のような防犯機器が設置されています。

  • 住宅の外周に人体を検知する赤外線センサーを設置。泥棒が敷地に侵入しようとした時点で発見できます
  • 家屋の外壁や窓の周辺にはパッシブセンサーを設置。窓やカギを破壊する前に泥棒を発見できます
  • センサーが泥棒を検知したらすぐに、警備会社やユーザー等に通知します
  • 屋外に設置したサイレンやストロボで泥棒を威嚇して追い払うことが可能
  • 監視カメラシステムと組み合わせることにより、証拠画像を記録し、遠隔地から確認できます

監視カメラの数を増やすのか?屋外警備システムか?

監視カメラがたくさん設置されている住宅は、防犯意識が非常に高い居住者が想像でき、それ自体が泥棒を威嚇することに役立っているケースもあります。しかし実際に泥棒が敷地に侵入してきた場合、監視カメラの数が多ければそれで万全なのでしょうか? 多くの場合、泥棒は録画されることを想定して覆面を被っています。録画されることよりも、大きな音やサイレンで周囲に自分の存在を気づかれてしまうことを嫌います。屋外に警備システムを導入し、監視カメラシステムと併用することで、泥棒が敷地に侵入したら直ちに発見し、可能な限り家屋に浸入される前に威嚇して追い払うことが期待できます。

防犯レベルの向上は資産価値の向上に

住宅の屋外警備システム導入による防犯レベルの向上は居住者の安心や安全を得られるだけでなく、不動産としての資産価値向上も期待できます。交通の良さ、生活利便性と並んで安全性は資産価値を高める重要なファクターです。

関連情報

製品に関するお問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8004
東京支店
03-5733-1724
仙台営業所
(東京支店共通)
03-5733-1724
福岡営業所
(本社共通)
077-579-8004