無線ユニットによるイチゴ栽培装置のIoT化を実現

ヤンマーグリーンシステム 様

  • 佐賀県
  • 省人化
  • 可視化
  • 業務効率化・生産性向上
  • モニタリング
  • 設備監視
  • IoT
  • 農場・栽培施設

ヤンマーグリーンシステム株式会社(以下「ヤンマーグリーンシステム」)様は、農業用プラントの設計・施工・アフターサービス・関連する製品・部品の販売、土木建築工事・設計・管理の請負などを行う企業です。

同社のお客様である佐賀県の食品加工会社で、オプテックスのIoT無線ユニットが、イチゴ栽培装置の稼働状況の遠隔確認用途で、試験導入としてご採用いただきました。

栽培装置の確認のために休日出勤

ヤンマ—グリーンシステム様のイチゴ移動栽培装置は、イチゴを栽培ベンチに乗せて、モーターで搬送・かん水作業(*1)・防除作業(*2)を自動で行うことができる設備です。あらかじめスケジュールを設定しておけば、自動運転でかん水を行うこともできます。

しかし、栽培装置に不具合が発生した場合、かん水ができずイチゴの栽培に支障をきたします。そのようなトラブルを避けるため、毎日、栽培施設に食品加工会社のご担当者が出社して、装置の状況を確認する必要がありました。収穫などの農作業を行わない土日祝日でも装置の状況確認のためだけに出勤をしなければならないこともあります。この状況に対するお客様から改善要望の声が上がっていました。

*1 かん水:潅水。農作物や草木に水を注ぐこと。
*2 防除:農作物の病虫害を防ぎ駆除すること。

イチゴ移動栽培装置によるかん水

稼働状況を遠隔地から把握できる

そこで、ヤンマーグリーンシステム様が開発したイチゴ移動栽培装置の「稼働開始」「稼働終了」「故障発生」を、オプテックスのIoT無線ユニットを経由して、食品加工会社のイチゴ栽培担当者とヤンマ—グリーンシステムのサービス担当者にメール通知できるシステムを構築しました。

装置の稼働状況を遠隔地から把握できるようになったので、食品加工会社のイチゴ栽培担当者が土日祝日に出勤する必要がなくなりました。

ヤンマーグリーンシステム様でも、装置の稼働状況をデータとして蓄積しつつ、機器の故障など、現場対応が必要な場合には、担当者に現場の確認・対応を指示するなど、迅速に対応できるようになりました。

イチゴ移動栽培装置の制御盤

(赤丸がIoT無線ユニット)

本ソリューションのシステム構成

システム構成図

ヤンマーグリーンシステム様 コメント

IoT無線ユニットの簡易な設置と通信設定、安価な通信費用が当システムの運用に最適であると思い採用しました。スピーディーにトラブルに対応できる体制を構築することができるので、導入いただいたお客様の満足度向上に役に立っています。今後も異常検知等に使える現場を増やし、園芸分野で協業していきたいと考えています!

システム導入先(イチゴ栽培担当者)様 コメント

休日が多い年末年始に向け準備が整いました。安心して栽培管理を行い、お客様においしいイチゴをお届けできたらと思っております。

使用機器

農業用機械設備、電気設備機械を後付けで遠隔監視できます。

ヤンマーグリーンシステム株式会社 様

本社:大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー
URL:https://www.yanmar.com/jp/about/company/ygs/

本ページで掲載している写真や文章等 全て許可を得て撮影・執筆・素材使用を行っております。許可なく無断で二次的利用(複製、転用、改変、アップロード、掲示、送信、頒布、ライセンス、販売、出版など)は、固く禁止いたします。

電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8890

Webでのお問い合わせ

製品サポート情報