タンク内の残量を簡単にIoT化

最適なタイミングで補充を通知

工場のタンク

製造業や運輸業をはじめ、各産業で人手不足が大きな社会問題になっています。
工場などでは、設備管理や稼働状況の把握をいかに効率的に行うかという課題があります。
例えば、生産に必要な原材料や燃料などが不足し、生産ラインや作業が止まると多大なロスが発生します。
これらの問題を解決するためにIoTを活用した遠隔監視の動きが活発化しています。
今まで人が行ってきた作業をセンサーやIoT技術を使って自動化することで、人員削減(省力化)と取得データの活用による業務の効率化を実現できるからです。

工場におけるタンク内残量の巡回確認作業

工場などでは、さまざまな材料や燃料、潤滑油を貯蔵するタンクがあります。
タンク内残量を確認するため、タンクのある現場まで定期的に巡回することが一般的です。
広大な敷地の工場の場合、タンクは敷地内に分散して設置されていることが多く、巡回するだけでかなりの時間がかかります。
残量を計量するために高所に上ることがあるなど、安全上の問題もあります。
また、検量結果を手作業で記録すると、記入ミスが起こることがあります。

貯蔵物供給事業者の巡回補充業務

貯蔵物を供給する事業者もまた、定期的に巡回して残量を確認、補充しています。
この巡回補充業務は、これまでの経験に基づいて行っているケースが多くあります。
そのため、貯蔵物が十分あるのに補充に行くことがあり、逆に急に使用量が増えるなどして貯蔵物が不足しているのに補充が遅れるという事態が発生することもあります。
このように巡回補充業務は非効率な面が多く、顧客満足を低下させたり、機会損失を発生させています。

【 解 決 策 】

タンク内残量遠隔監視ソリューションは、工場などに設置されているタンク内残量を、IoTを活用し遠隔地から管理することができます。
本ソリューションは、タンク内残量を検出センサーからの信号をIoT無線ユニットでクラウドに伝達し、タンク内残量を可視化をします。
また、貯蔵物を補充するタイミングをメールでお知らせすることも可能です。
タンク内の残量を遠隔監視することにより、人手に頼っていた巡回・検量・集計作業および補充作業を省力化できます。
高所などの危険な場所へ巡回する必要がなくなり、安全化を図ることができます。
残量が可視化されることで、在庫管理や手配業務の効率アップなどの業務改善に役立ちます。
さらに残量の傾向を分析することで、適切な巡回ルートを策定でき、無駄な配送が減り、輸送コスタや人件費を削減できます。

既存タンクに簡単に導入でき、すぐに運用可能
しかも通信コストは低価格

IoT無線ユニットは、タンクに設置された残量を検出する各種センサーと接続することができます。
タンクに簡単に後付けができるので、短期間でタンク内残量遠隔監視を実現できます。

  • 既存タンクへ簡単に接続可能
    既存のタンクにセンサーと共に簡単に接続でき、すぐにIoT対応機器としてご活用いただけます。
    しかも電池駆動タイプなら大掛かりな工事は不要です。
    電池は5年以上と長寿命を実現しました。(使用回数によって異なります)
    電池交換不要の外部電源供給タイプもあります。
  • 広域無線ネットワークSigfox対応で低価格で運用
    LPWA※1のひとつである無線通信規格Sigfox※2を採用しています。
    Sigfoxは低価格・省電力・長距離伝送という特長があります。
    これまでの通信手段に比べて低価格で運用ができます。
  • 屋外使用可能な設計構造IPX5
    さまざまなフィールドでIoTソリューションに対応するための高い防水構造です。
    屋外でも安心してご利用いただけます。

※1. LPWA(Low Power Wide Area,省電力広域ネットワーク):
少ない消費電力で、長距離通信ができる無線通信技術の総称です。機器の電流消費を抑えながら、データを収拾する基地局まで電波を届けることができ、IoTソリューションに有効な技術として注目を集めています。
※2. Sigfox:
IoT 向けのLPWA通信規格の1つ。欧米を中心に60か国で展開され、国内では京セラコミュニケーションシステム株式会社がインフラ構築およびネットワークサービスを提供しています。2017年2月のサービス開始以降エリア構築を進め、人口カバー率は2018年11月に90%となり、2019年夏に97%を目指しエリアの拡大を進めています。

IoT無線ユニット

【 効 果 】

  • 業務効率化
    ・遠隔監視によるリアルタイムなデータ収集で、タンクへの巡回や検量、集計作業を省力化
    ・残量の可視化により、在庫管理や発注業務を効率化
    ・残量データの分析により適切な巡回補充コースを策定でき、配送業務を効率化
  • 生産性向上と労働環境の改善
    ・業務の効率化により、人件費を削減
    ・余裕のできた時間を違う業務に活用
    ・危険を伴う高所など悪環境での作業を低減
  • 短期導入、低コストを実現
    ・既存タンクにも簡単に導入でき、すぐに運用が可能
    ・IoT無線ユニットにより工期短縮と工事費を削減
    ・Sigfoxにより通信コストを抑え、ランニングコストを削減

【 活 用 例 】

工場の各種生産用タンク
工場の各種生産用タンク
自動車、整備工場、潤滑油
潤滑油タンク
家庭用灯油タンク
灯油用タンク
薬剤タンク
薬剤タンク

製品情報

IoT無線ユニット

電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8890

Webでのお問い合わせ

製品サポート情報