空港セキュリティソリューション

近年、アジア太平洋地域における中間所得層の増加にともない、世界各地でアジアからの観光客が大幅に増えています。航空便の需要が高まるため、アジア太平洋地域では積極的な空港施設への投資が目立っています。世界最大規模のデジタル航空情報会社OAGが発表した「OAGメガハブ・インターナショナル・インデックス2018」によると、国際メガハブ空港ランキングのトップ20位には、アジア太平洋地域の空港が計6空港もランクイン。さらに、アジア太平洋地域では、今後10年で350超の空港が新設されると見込まれています。

サーベイランスを強化しテロなどの脅威から空港を守る

空の玄関口となる空港は、さまざまな人々が行き交う場所。絶えずテロの危険性がつきまとうだけに、セキュリティ対策は最重要課題と言えます。

さらに不審者の出入国、不審物・禁止薬物の不正輸出入などにも細心のサーベイランスが必須。しかし、空港の広大な敷地をすべてカバーするのは容易ではありません。

空港の外周の総距離は十数キロメートルにもおよび、フェンスと監視カメラだけでも膨大な長さと台数が必要となります。しかも、外周だけでなく、空港施設内のボーディングゲート(搭乗口)、イミグレーションコントロール・パスポートコントロール(出入国管理)、手荷物検査場などの保安区域に加え、エントランス、ショッピングスペース、待合室、職員スペースなど、それぞれの特性に応じたセキュリティ対策が欠かせません。

空港セキュリティーチェックゲート

【 課 題 】

  • テロ対策としての空港施設全体でのセキュリティ強化が必要
  • 広大な敷地や距離の長い外周を隙間なく警戒する必要がある
  • 人の出入りがあるスペースでは不法な出入国や物品の受け渡しを防ぐ必要がある

空港の外周とフェンスをビジュアルベリフィケーションでガード

空港の外周、燃料保管倉庫、航空機の格納庫(Aircraft hangars)などにはレーザーセンサー、フェンスには光ファイバー振動検知センサーを取り付け、空港の外全体を隙間なくガード。センサーと監視カメラを連動させることにより、侵入者を確実に早期発見できます。

空港外周の金網

Aircraft Hangarsでの航空機破損をセンサーで防止

航空機を駐機・保管する格納庫(Aircraft Hangars)内の限られたスペースでは、機体を壁にぶつけないようにするだけでも熟練の操縦が必要です。特に作業員の目視と声がけが重要ですが、慣れない場合は意思の疎通が上手くいかず、航空機を傷つけてしまうことも少なくありません。

オプテックスのレーザーセンサーを設置することで、この問題は解決可能。壁にぶつかる危険なエリアに航空機が接近したら、レーザーセンサーが警告音で知らせます。

空港飛行機格納庫

出入国管理エリアでの投げ渡し行為をセンサーがキャッチ

出入国管理を通過した先の通路で、審査チェック済み者がチェック前の者にパスパートなどを投げ渡す不正行為。こうした不正行為の取り締まりには、出入国管理の前後を隔てるエリアにレーザーセンサーを設置する策が有効です。投げ渡しをセンサーで検知し、確実に捉えます。

空港入国管理

搭乗待合室につながるスロープへのセンサーが不審者を検知

乗客が搭乗直前に待機する搭乗待合室。そこに繋がる階段やスロープが入り組んだ構造になっていることで、I.D.チェックのポイントを不法に回避できてしまうことがあります。階段やスロープは、そのまま機内への不法なアクセスさえ許してしまう危険なスペースです。このような行為は、テロにつながる危険性をはらんでいるため、確実に検知する必要があります。

この課題について、オプテックスではスロープ・階段の空間にレーザーセンサーを水平に設置することを提案しています。不審者の検知はもちろん、遊んでいる子どもが転落した場合など、事故の検知にも役立ちます。

従業員施設に侵入する不審者は共連れセンサーがブロック

空港内は従業員であっても厳重なセキュリティを通過しなければなりません。例えば、従業員専用の施設に入る通用口の指紋認証がそのひとつ。しかし、指紋認証を通過したすぐ後に別の人間が重なるように通り抜けることで、許可のない人間が施設へ簡単に侵入することを許してしまいます。

この「共連れ」による不法な侵入を防ぐために、共連れ検知センサーを通用口に設置。人がぴったりくっついていても、人間が2人以上検知された場合には通過先の扉は開かず、元の入口へ戻ることを促し、不審な侵入者を確実にブロックできます。

手荷物レーンでの逆行行為を見張るセンサー

手荷物を受け取るレーンのエリアは、出口に向かう一方通行になっています。しかし、自動ドアが開いた瞬間に逆行して侵入を試みる不審者が少なからず存在します。そうした逆行もオプテックスのセンサーが検知。すぐに警告音や警備員への通知で、事件・事故を未然に防げます。

空港スーツケースコンベアー

【 効 果 】

  • 空港施設全体のトータルセキュリティソリューションを構築できる
  • 警備にかかる人件費を抑制しつつ、セキュリティレベルを向上できる
  • セキュリティレベルの向上は国際競争にさらされる空港にとって、ブランドイメージの醸成にも貢献する

製品情報

製品に関するお問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8004
東京支店
03-5733-1724
仙台営業所
(東京支店共通)
03-5733-1724
福岡営業所
(本社共通)
077-579-8004