レーザースキャンセンサーを使った事前抑止

屋上からの侵入者に備える警備システム

泥棒が侵入する経路は様々です。建物の大きな窓や出入口が侵入経路になることは容易に想像できますが、屋上からの侵入はどうでしょうか? 天窓からの侵入だけでなく、大胆にも建物の屋上に穴を空けて室内へ侵入するようなプロの泥棒に対し、どのような対策が有効でしょうか。 屋上からの侵入に対しても、侵入されてからの「事後通報」より、侵入される前の「事前抑止」で被害を最小限に食い止める、レーザースキャンセンサーを使った警備システムがリスクを低減します。

希薄な防犯意識とそれを狙うプロの泥棒

一般的に、建物の屋上スペースについての防犯意識は希薄であり、建物が高層であればあるほどそれは顕著になります。それゆえ、防犯対策を屋上の出入口ドアに設置する開閉センサーだけで済ませる、あるいは警備対象から外してしまうことも珍しくありません。転落する危険をおかして外壁をよじ登り、屋上から室内への侵入を試みる泥棒がいる、多くの人がそれを想像できないかも知れません。しかし、プロの泥棒は、それを知った上で狙ってきます。オフィスやデータセンタ等、秘密性の高い情報やデータを扱う施設、倉庫や工場等高額な物品が保管されている建物の屋上はいずれもターゲットになるリスクが潜んでいます。

「点」の警戒から、「面」の警戒へ

アメリカの大手消費者金融会社チェーンにおいて、店舗の屋上に穴を開けて侵入され、財産を奪われた事件がありました。泥棒は屋上のドアを開閉せずに建物内に侵入できたのです。仮に屋上の出入口にドア開閉センサーが設置されていたとしても、ドアが開かなければそれは作動せず、穴を開ける泥棒に対しては対策としては不十分です。

屋上スペースの警備システムとして、屋上出入口のドアという「点」ではなく、屋上全体を「面」で警戒することが有効ですが、扇形の検知エリアを形成できるレーザースキャンセンサーは最適な手段となります。前述の消費者金融チェーン150店舗においては、事件後、オプテックスのレーザースキャンセンサーが採用され、「面」警戒の警備システムに変更されました。

レーザー光による高密度スキャン技術で扇形の「面」警戒を実現

  • 半径30m・扇形190度の赤外線レーザー光の検知エリアをセンサー1台で形成
  • 屋上全体を「面」で警戒できるので、侵入者が屋上に到達した時点で素早く検出
  • 検知エリアの形状は、パソコンと専用ソフトで自由に調整可能

屋上に穴を開けて室内へ侵入する場合、多くの場合、室内に設置された人感センサーが泥棒を最初に検知します。 しかし、建物はすでに破壊され、警察や警備員が現場にかけつける頃には泥棒は素早く仕事を終え、すでに逃亡しているかもしれません。 米国では警察が一般家庭の侵入盗の現場に駆けつける場合、およそ4割は5~10分、約3割がそれ以上の時間を要しています。

また、一般的な警備システムにおいては、このようなケースで発生する室内の人感センサーからの警報信号は誤報(泥棒以外の人や物、動物等を誤って検知した)と見なされることもあります。なぜなら外部からの侵入者の動線を考えると、まず屋外に設置されたセンサーが泥棒を検知し、続いて室内のセンサーが検知するという順番が自然です。いきなり室内のセンサーが侵入者を検知するのは不自然であり、警備員の派遣や警察への通報プロセスにおいて、その対応の優先順位が下げられることもあります。 

屋上全体を「面」警戒する信頼性の高いセンサーを使った警備システムで、屋上に侵入した泥棒の、それ以上の侵入を防ぐ「事前抑止」のシステムが被害を最小限に防ぎます。

監視カメラと連動、画像で現場の状況を確認

センサーが発する侵入者の検知信号を使い、遠隔地の監視センターから泥棒の存在を画像で確認できる、監視カメラと連動するシステムの構築も増えてきています。検知信号の原因が、本当に泥棒なのか、あるいは屋上にいる従業員なのか、画像で確認できることは監視センターが警察に通報するか否かを判断する上でも非常に重要な情報となります。 警備システムの信頼性を高める監視カメラとのインテグレーションにも、レーザースキャンセンサーは最適な機能が備わっています。

関連情報

製品に関するお問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8004
東京支店
03-5733-1724
仙台営業所
(東京支店共通)
03-5733-1724
福岡営業所
(本社共通)
077-579-8004