無人運用で混雑状況を表示

ニューノーマルな生活様式に
混雑可視化による快適空間の創出 ~混雑検知センサー~

密集対策 混雑検知センサー密アラート メインビジュアル

新型コロナウイルスが世界中に拡大したことを受け、感染症に対するリスク低減の意識の高まりと共に、人々の働き方など日々の生活様式へも大きな変化が訪れています。
小売店や飲食店、待合室など密集が懸念される空間では、引き続き三密を抑え込む対策が求められますが、一定の空間内の混雑状況をリアルタイムに把握するには、これまで誘導スタッフの「目視」での混雑状況の把握が多く行われてきました。
しかし、長きに渡って続いてきた取組みに現場が疲弊しているとの声もあり、無人運用で混雑状況が把握できる「三密回避の感染症対策」が求められています。

混雑の可視化による快適空間の創出で、ストレスを軽減

感染症対策の基本は三密の回避にあり、商業施設をはじめ密集が懸念される空間では人が混雑しない状況を保つ必要があります。

しかし一方で「混雑具合が分からず入店を諦めた。」「入ってはみたけど思っていた以上に混んでいて気分を害した。」という経験をされた方が増えているそうです。

空間内が混んでいるかどうか利用者が事前に知ることができれば、不安感を払拭することができストレス軽減に繋がります。

混雑していなければ安心して入場し、混雑により密集空間になりつつあることが分かればこれ以上密集にならないようタイミングを変えての利用を促すことに繋がります。

密集対策 混雑検知センサー 密アラート 密集で不安そうな人々

監視するスタッフの負担を軽減

混雑状況確認や入場制限管理は、現場のスタッフに負担を強いることになりがちです。人手不足の課題がある中、これらの業務に人手を割くことは、メイン業務とコストに影響を及ぼします。

専任スタッフを置かずに混雑状況が分かり、利用者の入場を抑制できる混雑検知センサーは、感染の拡大防止と、スタッフの手間とコスト削減に役立ちます。

密集対策 混雑検知センサー 密アラート 人数カウント

センサーによる自動カウントで、混雑状況をお知らせする混雑検知センサー

混雑検知センサーは視覚的に混雑の度合いをお知らせできます。

センサーによって入退出者の人数をカウントします。設定した人数を超えた時にLED表示灯が信号機のように緑色から黄色、赤色へと自動的に切り替えます。(人数が減ると自動的に赤色から黄色、緑色へと戻ります)

本体の背面にあるカウンターで施設内の滞在人数をリアルタイムに確認できます。

【動作イメージ動画】

活用事例

密集対策 密アラート 混雑検知センサー 活用事例 店舗
特設会場、催事場出入口
密集対策 密アラート 混雑検知センサー 活用事例 屋内喫煙ルーム
浴場出入口
密集対策 密アラート 混雑検知センサー 活用事例 施設の待合室
施設の待合室

補助金・助成金情報

 本製品は、各省庁や自治体の補助金や助成金の対象になる場合があります。
 各対象についての詳細は、こちらを参照ください。

ご購入について

本製品は、以下サイトで直接ご購入できます。
※Amazonビジネスに会員登録すると、購入前に見積書の発行を行うことができます。

関連製品

関連情報

製品に関するお問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8004
東京支店
03-5733-1726

製品サポート情報