機械警備を組み合わせたハイブリッド警備の合理性

高騰する警備員の人件費と隠れたコスト

警戒の対象となるトラックヤード

東南アジア地域の経済発展に伴い、現地の人件費の高騰は企業にとって新たな問題となってきています。
生産施設や工場等の警備にかかるコストも例外ではありません。セキュリティのレベルを向上しつつ、見えないコストも含めて削減・合理化する「ハイブリッド警備」に注目が集まっています。

人的警備の問題点と高騰する人件費

倉庫や工場、商業団地など、東南アジアでは警備員を配置し、現場を巡回する人的警備が主流です。しかし、ここには「人」ならではの問題が潜んでいます。

  • 警備員のスキルのばらつき
  • 警備員のモラルや文化、判断基準についての違い
  • 警備員が犯罪グループに巻き込まれたり、買収されるリスク
  • 過酷な労働における警備員のモチベーションの低下

相応の時間とコストをかけ、自社で警備員を教育し育成する、あるいは犯罪リスクを低減するための罰則規定の整備などの対応により、これらの問題を低減することは可能です。しかし、人が入れ替わるごとに発生する様々なコストと上昇を続ける人件費で企業の負担は大きくなる一方です。 過去10年で一般工の月額賃金水準はタイでは27%、インドネシアでは67%も上昇しており、警備員の人件費の高騰も例外ではありません。

倉庫を警備する警備員

部分的に機械警備を導入する

人的警備の問題点を解消するにはセンサーだけで警戒する機械警備システムに切り替える方法があります。100%の機械化にはデメリットもあり、すでに人的警備で警戒されている現場において必ずしも代替えの手段とならない現場もあります。しかし、機械警備は警備員による警戒のリスクとデメリットを補完するシステムの構築が可能であり、従来からの人的警備の部分的な置き換え(ハイブリッド警備方式)が非常に有効です。

モニタリングセンターで画像を確認する警備員

システムコストの比較シミュレーション

ケース1 警備員6名による人的警備:年間201,204ドル
・6人 x 24時間 x 365日 = 6 x(3.75ドル/時間 x 24時間) x 365 = 197,100ドル 
・監視カメラシステム機器費用+ランニングコスト x 12ヶ月 =(156ドル + 30ドル)x 12 = 4,104ドル

ケース2 警備員3名と機械警備のハイブリッド警備:年間104,706ドル
・3人 x 24時間 x 365日 = 3 x(3.75ドル/時間 x 24時間) x 365= 98,550ドル
・機械警備システム機器費用 + ランニングコスト x 12か月=(312ドル + 15ドル)x 12 = 2,052ドル
・監視カメラシステム機器費用 + ランニングコスト x 12ヶ月=(156ドル + 30ドル)x 12 = 4,104ドル

よって、ハイブリット警備方式へ切り替えることでコストは従来の52%に削減できます。

※試算の条件
1)どちらの現場も同じ監視カメラシステムが使用されている
2)カメラシステムと機械警備の機器費用は8年の償却期間とする
3)24時間365日警備を前提とし、人件費と機器コストは

1.人的警備コスト
タイにおける人件費。
・月給 600ドル
・日給 600ドル ÷ 20日(月労働日数) = 30ドル
・時給 30ドル ÷ 8時間(一日労働時間) = 3.75ドル

2.機械警備コスト
・システム 15,000ドルを8年償却するとして、156ドル/月
・ランニングコスト 初期費用の10% 15ドル/月とする

3.監視カメラシステムコスト
・システム 30,000ドル を8年償却するとして、312ドル/月
・ランニングコスト 初期費用の10% 30ドル/月とする

※人件費増加シミュレーション
人件費が年間8%ずつ増加すると仮定すると、3年後、5年度を比較するとさらに大幅な警備コストの削減が期待できます。

賃金だけではない、見えないコスト

人的警備を運用するためのコストには警備員への賃金の他、さまざまな目に見えないコストが潜んでいます。
実際には以下のようなコストが発生し続けます。

  • 警備員の調達コスト(採用コスト)
  • 警備員の教育コスト
  • さまざまな人事問題への対応コスト

機械警備のハイブリッド方式導入により、これらのコストは激減します。一方で機械警備はそれに関わる維持コストが別途発生するので、総合的なコストシミュレーションで経済的なメリットを比較・検討することが重要です。

ハイブリッド警戒システムの構成例

人員配置

常時警戒が配置必要な出入り口には警備員を配置
他には監視カメラの画像を確認する警備員を詰め所に配置

外周警戒

施設への侵入者を検知するためアクティブビーム・センサー、PIRセンサーで施設壁面の上部や内側を警戒

壁面の乗り越えを警戒するセンサー
外壁の乗り越えを警戒
敷地内を警戒するセンサー
敷地内の警戒

建物内部への侵入警戒

建物内部への侵入経路となる箇所にはPIRセンサーで警戒

屋内を警戒するセンサー
屋内の警戒
車庫等を警戒するセンサー
車庫等の警戒
通用口を警戒するセンサー
通用口の警戒
窓からの侵入を警戒するセンサー
窓からの侵入を警戒

カメラの死角となる箇所や巡回や目視では目の届きにくい部分をセンサーでカバーすることで、警備員の人員を削減しつつ、警備のセキュリティレベルを向上させることができます。

関連情報

製品に関するお問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8004
東京支店
03-5733-1724
仙台営業所
(東京支店共通)
03-5733-1724
福岡営業所
(本社共通)
077-579-8004