監視画像を鮮明化

視認性が悪い暗闇でも、災害状況を正確に届ける監視カメラ対策

社会情勢、環境の変化に伴いセキュリティ対策へのニーズが拡大・多様化していく中で、世界中で監視カメラ市場の規模が拡大しています。テロや犯罪対策としての用途にとどまらず、大規模地震や洪水、土石流、火山噴火などの災害に対しても、その初期における現場の情報収集と状況確認などにおいて映像情報の活用が重要な位置づけです。さらに近年は、マーケティングやサービス向上に繋げるデータ収集、道路や設備の劣化診断を行う安全モニタリングなど企業のバックオフィスや社会インフラに導入されています。鮮明な映像データの取得へと導くカメラ用補助投光器がモニタリングの運用効率の鍵を握っています。

見落とせない夜間や暗い場所の監視画像

災害監視

記憶に新しい日本を襲った集中豪雨。被害を最小限に食い止めた地域では、雨量や河川・ダムの水位センサー情報による警告や監視カメラを使って危険をいち早く発信されたことでした。しかし、夜間や薄暗い環境においては、鮮明な映像が得られず、的確な状況把握ができないことが少なくありません。

インフラ監視

現在、日本の高速道路のうち約4割が、開通から30年を超えており、老朽化や劣化が顕著になっています。これに伴い、高速道路においては、大規模更新・修繕といったリニューアルプロジェクト(※)が実施されています。また、一般道路や橋、トンネルなどにおいても老朽化や大型車交通による疲労、自然災害や塩害の影響による損傷が発生しています。5年に1度の人手による近接目視点検が義務化されるなど、社会インフラの維持管理の重要性が増しています。このような社会課題を背景に、道路パトロール車に積んだカメラ画像とAI処理で、路面情報の収集、画像解析を行い、亀裂や剥離などの劣化状態を推定できるような自動劣化診断サービスが広がりつつあります。

劣化診断イメージ例
劣化診断イメージ例

監視カメラ補助投光器が「見えないを見せる」

屋外のさまざまな環境下で使用される監視カメラですが、カメラから得られる映像が「見えない」「見えにくい」といった事例が増加しています。

オプテックスの監視カメラ用補助投光器は、監視カメラと組み合わせることで、夜間や薄暗いシーンでも、鮮明に映像を撮影できるとともに、撮影するカメラの角度や時間によって異なる見え方を均一化させ、取得画像の良化を実現します。これにより画像の見落としによる事象の発見の遅滞という課題を解決します。

監視カメラ補助投光器は、世界中の監視カメラや監視システムに採用され、セキュリティ、災害、インフラ、ナンバー認識などのあらゆる用途に対応しています。

また、監視カメラや投光器が利用される場所は、風雨にさらされたり、道路の凹凸による振動や衝撃、高温の路面温度など過酷な環境にあります。機械的衝撃や振動への耐性、重耐塩、幅広い動作温度範囲に耐えられるように設計されています。

車載監視カメラ用途
車載監視カメラ用途
車番認証システム用途
車番認証システム用途

■ 光源

  • 赤外線投光器:人間の目には見えない特殊な光「赤外線」を照射するLEDライト
     
    赤外線の光で周囲をライトアップして監視カメラの映像が見えるようになります。
    赤外線投光器は、カメラ内蔵の赤外線照明より長い投光距離を有しています。
    これは使用されているLEDの数が多く光量が多いためです。

     
  • 可視光投光器:人間の目に見える白色LEDライト

■ 光の届く距離

撮影距離に応じて短距離・中距離・長距離モデルをラインアップ

  • 赤外線タイプ:20m~500m、白色可視光タイプ:10m~250m

■ 光の角度

レンズを交換することで、1つの照明装置で6つのパターン(最小10°から最大120°)に配光角の変更ができ、あらゆるカメラシーンに最適な照明を実現できます。

■ 光学技術

カメラの画角や撮像距離に応じて、全画面に均一な照度を露光する光学技術(Hotspot Reduction Technology)は、白とびや黒つぶれを抑制し、細部までクリアな映像をもたらします。

■ 設定・調整

本体に内蔵した照度センサーにより昼夜を識別し消灯・点灯を制御したり、専用リモコンで光量調整やセンサー感度調整などを遠隔行うことが可能です。
素早く、簡単な設定は、大規模な設置シーンで、大幅に時間を節約できます。

最高品質の画像を提供するために、このほかにも多くの技術を搭載しています。

監視カメラ用LED投光器 Varioシリーズ

電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8004
東京支店
03-5733-1724

Webでのお問い合わせ