重要インフラ施設の外周警戒システム

国際イベントが相次ぐ日本のハイグレードなセキュリティ対策

日本では、観光先進国にむけた施策や相次ぐ国際イベントにより、インバウンドや訪日客数の増加が期待されています。日本の治安の良さは世界でもトップレベル、一方でテロなどを未然に防ぐ保安対策への要求レベルや安全基準はますます高まってきており、各省庁から安全ガイドラインが発行されています。
多くの方に安心して日本の文化に触れ、トラブルのない楽しい時間を過ごしてもらう。そのためには、交通やエネルギーインフラ、国防を支えるさまざまな重要施設への積極的なセキュリティ対策が重要です。

重要インフラ施設に欠かせない、セキュリティ対策

空港や鉄道などの交通インフラ、発電所や化学プラントなどのエネルギー関連、港湾や防衛施設などの重要施設は、私たちの経済活動を支えています。ひとたびテロが発生すれば、電気・ガス・水道などのライフラインのみならず道路・鉄道を含む社会基盤が失われ、心身共に大きな被害に見舞われます。世界有数の安全国家と謳われる日本においてすら例外ではありません。
そのため、昨今セキュリティレベルの向上と具体的な対策に向け、安全ガイドラインの制定や保安措置の義務付けがさまざまな施設で強化されています。

監視カメラとセンサーの統合システムで事前抑止を実現する

不審者が建物や敷地に入られる前の段階で、侵入者を見つけ即座に警備を配置したり、警報システムに通知することは、犯罪の事前抑止に繋がります。重要施設におけるセキュリティ対策の大半は、監視カメラを導入しています。監視カメラは、遠隔地で確認できる、犯人の判断できる、証拠画像を残せるといったことから、セキュリティ対策には欠かすことができません。一方で監視カメラは、録画映像を利用した事後検証には有用なものの、不審者侵入時の即時対応を実現するには24時間体制で監視カメラ映像をモニタリングしなければなりません。また膨大な数のカメラ映像を監視には、多大な労力とリソースを費やしても、見落としなど人的な監視体制では、限界があります。

オプテックスは、侵入検知センサーと監視カメラを連携させた画像確認による高精度な外周警戒システムを構築し、世界中で採用が進んでいます。屋外のフェンスや外周、敷地内にセンサーを設置し、そのセンサーが侵入者の位置や特徴を迅速に把握し、現場に向かう警備員に適切な指示を出すことができるようになります 。また、監視カメラの他、LED投光器や回転灯・サイレンといった警報器との連動で侵入者を威嚇したり、監視センターへの通報機能も提供します。

セキュリティ対策の矛盾を克服
高いプライオリティと消極的なセキュリティ投資

重要施設におけるセキュリティ対策は、高いプライオリティであるはずですが、広大な敷地を有する施設では、導入コストが膨大となること、人的警戒や監視カメラのモニタリングにおいても多くの人材と人件費が必要となるため、対策は一足飛びには進みません。

オプテックスの外周警戒システムは、施設の規模や環境にあわせた最適なプランニングを行い、セキュリティ導入を進めることを可能とします。

侵入者がフェンスをよじ登ったり、フェンスを切断した時のわずかな振動を検知する光ファイバーセンサーは、最大5kmの外周フェンスにセンサー張り巡らすことができ、
大規模な施設の外周警戒に有効です。
「大きさ」「速度」「センサからの距離」を識別できるレーザーセンサーは、半径30mの距離を検知し、侵入者の位置や移動方向を特定することが可能です。
このほかにも、短距離の外周や敷地内、出入り口に最適な侵入検知センサーなど、距離や侵入経路に適切な製品ラインアップを多数保有しています。
これらのセンサーと監視カメラの総合的な連携により、侵入時には迅速かつ確実な対処ができ、オペレーションの効率化を実現します。

  • 施設の規模や侵入経路によって構築できるセンサーラインアップ
  • センサーと監視カメラの連携で侵入者の位置や移動方向を特定
  • 高効率で確実なオペレーション
  • さまざまな警報機器との連携によるセキュリティ精度の高度化
  • セキュリティ対策コストの最適化

製品情報

電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8004
東京支店
03-5733-1724

Webでのお問い合わせ