厳しい規制によって栽培される農作物を盗難から守る医療用マリファナ栽培セキュリティ

マリファナ栽培施設 様

  • アメリカ
  • セキュリティ
  • 工場・倉庫
  • 農場・栽培施設

北米市場(アメリカ、カナダ)などでは医療用としての大麻の処方が認められている州もあり、厳しい規制のもと、栽培を行っています。この栽培を行うグリーンハウスでは、敷地内への侵入や盗難を防ぐために強固なセキュリティシステムが導入されています。

敷地への侵入検知、および監視システムの要件を満たすために、アメリカの主要な防犯コンサルタントが、オプテックスのレーザースキャンセンサーを医療用マリファナの栽培施設を保護するための選択肢として指定しています。それは、敷地の大きさや地形に合わせて最適な検知エリアを設定できること、ビデオ管理ソフトウェア(VMS)とのIP接続・統合ができるため、センサーと監視システムとの連携が可能であることが主な理由です。これによりアメリカ全土の医療用マリファナ栽培設備で大規模に導入されました。またレーザースキャンセンサーの物体検知技術は、アメリカの州ごとの防犯仕様を満たし、*ULおよびFDAなどの第三者機関の認証を取得しています。

レーザースキャンセンサーは、対象物の「大きさ」「速度」「センサーからの距離」を正確に識別できます。 栽培施設の外周からの侵入を警戒するだけなく、敷地内においても検知方法を選択できます。例えば、水平に取り付けて侵入者の移動を追跡する。あるいは、垂直に取り付けて見えないレーザーの壁を形成します。また、遠隔地から監視する防犯システムは、敷地内を移動する侵入者をセンサーとカメラが自動的に追跡、センサーによる検知をトリガーとして録画を開始するため、レーザースキャンセンサーは監視カメラとシームレスに連携して、医療用マリファナの盗難を防止します。

レーザースキャンセンサーについての詳細な情報は、以下の製品ページをご覧ください。

電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8004
東京支店
03-5733-1724

Webでのお問い合わせ

製品サポート情報