24時間型フィットネスジムの共連れによる不正利用を抑止

昨今の健康志向の高まりにより、全国各地で24時間営業のフィットネスジムが急増しています。中でも総合フィットネスではなく、安い会費で利用できる小規模なジムが増加しており、運営側も運営費を抑えるため、夜間のスタッフ数を削減しています。それに伴い、スタッフが無人の時間帯を狙った会員による非会員の招き入れが問題となっています。
オプテックスは、不正な入室を防ぐ「共連れ検出システム」で、適正な施設運営を実現します。

運営の人件費削減と、無人運営を実現

多くの24時間型フィットネスジムは、施設の入口にICカードなどの入退室管理機器が設置されています。しかし、ICカードだけではカードを保有している会員による、非会員の招き入れは防ぐことができません。そのため、スタッフの勤務時間やシフトを変更し無人になる時間を短縮するか、翌日スタッフが出勤した際に夜間に録画した防犯カメラ映像を目視確認するなどの対応が必要でした。

オプテックスの共連れ検出システムは、会員(認証者)に続き、非会員(非認証者)が後に続いて入室したり、会員が施設から退出する際に開いている扉に非会員が不正に入室するすれ違いを検出するシステムで、監視カメラやICカードなどの既設の設備と併用し、入退室管理とセキュリティ対策を簡単に向上させることができます。
本システムで、不正入室を確認すると、警報灯による警告や施設内の利用者へ注意喚起を行うことができます。これにより、スタッフが不在の場合でも、安心してジムを利用できる環境が作れます。また、共連れを検出した該当箇所の映像を監視カメラシステムで記録することができるため、スタッフによる防犯カメラの録画映像の確認作業を大幅に削減できます。

共連れ侵入

  • 会員(認証者)がICカードをかざし、会員に続き非会員が入室する行為

すれ違い(逆侵入)

  • 会員が施設から退出する際、扉が開いているのに乗じて非会員が入室する行為
共連れ侵入

既設設備に後付け設置でき、大がかりなレイアウト変更や工事が不要

セキュリティや入退室の管理レベルを向上させるには、駅の自動改札機と同様の仕組みで入室・入場を制限する「フラッパーゲート」、入口に小型の密室を設けて1人ずつしか入れないようにする「インターロック」などのシステムが有効です。しかし、いずれも導入や運用コストが高くなり、更にレイアウト変更をともなうケースが多くあります。

オプテックスの共連れ検出システムは、レイアウト変更せずに既存のドアに設置でき、1枚扉から入退室の制限を厳格化します。


【運用例】利用中の他会員へ注意喚起、不正入室者には注意・警告を

  • 共連れによる入室を検出、施設内の回転灯を回すなど利用中の他会員へ注意喚起
  • 監視カメラにより、共連れ検出時の映像を録画。翌日従業員が出社し、録画映像を確認
    共連れが認められた場合は、不正入室を行った会員へ厳重注意。

期待できる効果・顧客の声

~1人でも安心して利用できる、24時間のセキュリティ~

既存の設備をそのまま組み合わせて設置できるため、店舗内の美観を損なわずに居抜き物件などの賃貸でも手軽に導入することができます。
それにより、会員以外の不正な入店・入室を防ぐことができるほか、無人の時間帯でも24時間継続してセキュリティ対策を行うことにより会員が安心して施設を利用することができます。店舗スタッフにとっては、共連れの証拠映像を一括検索で確認できるため、業務効率が非常に改善されました。

関連情報

電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8004
東京営業所
03-3344-5771

Webでのお問い合わせ