2021年04月15日

屋外ゲートに設置できる出庫警報システムを新たにラインアップ

出庫時に注意喚起を行う出庫警報システムに、既設の屋外ゲートに設置できる新ラインアップを追加することで、あらゆる環境で出庫警報システムが構築できるようになりました。

屋外上部設置型 出庫警報システム

センサーを設置する壁が無く、ポール設置ができない場所でも、屋外ゲートへのセンサー設置で出庫警報システムが構築できます。

システム構成

出庫警報システム構成

通過検知センサー(方向判別機能付き)が車両を検知すると、コントローラーを通じて出庫注意灯を動かし、音と光で敷地外の車両や通行者に注意喚起を促します。

設置環境

立体駐車場や工場などの屋外ゲートに

センサーを設置できる壁が無く、ポール設置も難しいところに

施工や美観上、ループコイルが埋設できないところに

屋外上部設置型 出庫警報システムの詳細については、こちらをご覧ください。→ https://www.optex.co.jp/products/vehicle-detector/application-out/Herkules2E.html

出庫警報システム全ラインアップについては、こちらをご覧ください。→ https://www.optex.co.jp/products/vehicle-detector/application-out/