2020年10月14日

「雨に強く」「もっと明るく」を実現
屋外用LEDセンサーライト「LA-12/LA-23」新発売

 オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)は、事業所の通用口や駐車場、店舗・住宅の勝手口やカーポートなど直接雨がかかる場所でも利用できる防水性能を備えた屋外用LEDセンサーライト「LA-12/LA-23」を10月15日より発売いたします。また、当製品は高輝度のLEDを採用し、従来品(※)よりも明るさを70%アップし、安全かつ快適な視環境を実現します。

  • 従来品は、オプテックスの屋外用LEDセンサーライトLA-11/LA-22をさします。
屋外用LEDセンサーライト「LA-12/LA-23」

 従来、屋外用センサーライトは人が来た時、センサーが検知し照明を点灯させることで不審者への威嚇を行う防犯灯として多く利用されてきました。現在は、防犯用途だけでなく、夜間、住民や従業員の足元の安全性の確保、駐車場周囲の確認、帰宅時や終業後の退出時の鍵穴や施錠確認など安全灯・便利灯として普及し、センサーライトの利用シーンが広がっています。
 今回発売するオプテックスの屋外用LEDセンサーライト「LA-12/LA-23」は、雨にさらされる場所でも安心してご利用いただける防水性能を備え、さまざまな場所に設置できるよう実用性を高めました。
 当製品は、以下の特長を有しています。

特長

1.雨に強いIP45(防噴流形)
防水性能(保護等級:IP45*1)を備えており、雨が直接かかる場所でも利用いただけるようになりました。
事業所:庇のない従業員通用口、駐車場
店舗や住宅:勝手口、カーポート、庭、ベランダ

2.従来品よりも明るさ70%アップ
LEDチップのスペックを向上し、当社従来機種(LA-11/LA-22)に比べ、明るさ70%アップを実現しました。これにより、照射範囲を広げることができ、通行、歩行の安全性と作業などの確実性を確保することが可能となります。

3.あたたかみのある電球色
従来品は白色を採用していましたが、周辺環境への光害抑止や利用者の視環境の快適性を高めるために、電球色を採用しました。

*1 保護等級:IEC(国際電気標準会議)で標準化されている規格でエンクロージャ(ハードウェアの筐体)による保護等級を表します。JIS(日本工業規格)の電気機械器具の外郭による保護等級とも統一されています。
IP45:防塵4級:針金などの固形物(直径1.0mm)が製品内部に侵入しない、防水5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)

販売価格

LED1灯型 LA-12(BL/S) 14,080円 (税込)
LED2灯型 LA-23(BL/S) 19,580円 (税込)

販売目標台数

初年度3万台

製品仕様

  • 仕様は改良のため予告なく変更することがございます。

 オプテックスは、雨が直接かかる場所でも利用できるセンサーライトをラインアップすることで、設置環境に最適なあかりを提供し、安全で安心感を維持できる職場環境や暮らしをサポートしていきます。

製品の詳細については、こちらをご覧ください。→ https://www.optex.co.jp/products/motion-sensor-light/ac/la-12-23.html

本件に関するお問い合わせ先

オプテックス株式会社 広報・販促課 大塚|稲数

Tel:077-579-8000

E-mail:oj-pr@optex.co.jp