2015年03月03日

中・大規模駐車場向けLED調光照明発売

~暮らしと調和する駐車場の運営をサポート~

 オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、取締役会長兼代表取締役社長:小林 徹、以下「オプテックス」)は、屋外の中型から大型駐車場(駐車台数20台以上の月極、時間貸、商業施設)向けのLED調光照明「LC-11000SW」を3月9日より発売いたします。照明のあかるさの簡単設定とLED調光照明による省エネで、暮らしに調和する駐車場の管理・運営と環境配慮型の駐車場づくりをサポートします。

LED調光照明「LC-11000SW」

 近年、屋外駐車場ではLED照明の標準化が進んでおり、消費電力削減による環境配慮型の駐車場が増加しています。一方、駐車場の利用有無にかかわらず夜間LED照明が点灯しており、隣接する住宅や店舗への光害のない管理・運営が求められています。
今回発売するLED調光照明は、人感センサーと組み合わせることで、車や人の動きを検知した時だけ100%のあかるさにし、利用者がいない時は照明のあかるさを減光する調光機能が搭載されています。これにより、必要時に最適な照度を提供し、省エネを実現しながら夜間駐車場を利用する人に安心、安全を提供することが可能となりました。
また、照度調整に時間を要することなくリモコンで簡単に照明のあかるさを設定できるため、住宅や店舗の声に素早く対応し、地域社会に調和した駐車場管理・運営が可能です。

 当社は、2012年より駐車場専用LED照明に注力しており、駐車場管理・運営会社のお困りごとを解決し、前機種の小規模コインパーキング専用の節電照明システムは、発売から現在(*1)までに、約2,000ヵ所のコインパーキングに採用されています。*1:2012年~2015年2月結果
新発売のLED調光照明は、隅々まで照射する広角配光タイプで、中規模から大規模の駐車場向けとしてご利用いただけます。

特長

  1. センシング技術との組み合わせで大幅節電
    LED照明と人感センサーを組み合わせることで、車や人の動きを検知した時だけ100%のあかるさに増光し、不要の時は必要最低限のあかるさに減光することにより、大幅な節電を実現できます。
  2. 設置現場に合わせてあかるさを簡単調整
    高所に取り付けられた照明も、高所作業車を使うことなく地上から簡単にリモコンで照明のあかるさを10段階で調整可能。周囲環境に適したあかるさに変更ができ、駐車場照明の管理・運営が効率的です。
  3. 照明の管理保管に配慮した筐体設計
    2~3年で改修されることが多いコインパーキングでは、使用した設備を新たな駐車場に再活用されます。しばらくの期間は管理運営会社で保管されることが多く、照明は非常に場所をとり、それなりの保管スペースが必要になります。照明の軽量化とともに、重ねても崩れないような筐体構造にデザインすることで、収納性を高めています。

販売価格

オープン価格

販売目標台数

3,000台/年間

オプテックスはこれからも、駐車場を管理運営しているお客様からの声を反映し、設置環境に最適な照明で、省エネ、安全、安心をサポートしていきます。

LED調光照明「LC-11000SW」の詳細については、こちらをご覧ください。
http://www.optex.co.jp/lighting/cled/index.html

本件に関するお問い合わせ先

オプテックス株式会社 広報室 大塚

Tel:077-579-8000

Fax:077-579-7190

E-mail:info-ir@optex.co.jp

  • ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。