セキュリティ関連サイト トップ>屋外用LED投光器  
サイトマップ
  SecuritySite English
セキュリティサイトご利用について
屋外用LED投光器 Raytec Vario
概 要
赤外光モデル
白色可視光モデル
IPPoEモデル
PoEモデル
オプション
ダウンロード
IPカメラとの相性抜群(IPPoE、PoEモデルのみ)
・PoE 対応なので電源入力はPoE PLUS 給電機能付又は60W インジェクタハブにつなぐだけで完了
・IP 制御なので遠隔操作が可能(IPPoEモデルのみ)
>IPPoE モデルの製品情報はこちら
>PoE モデルの製品情報はこちら
交換可能な角度調整レンズ
レンズを交換することにより、6パターンの照射角度の変更が可能。
【レンズなし】
水平10°×垂直10°
【同梱レンズ】
水平35°×垂直10°、水平60°×垂直25°
【オプション】
水平20°×垂直10°、水平80°×垂直30°、
水平120°×垂直50°
LED動作表示灯
本体下部にあるLED動作表示灯により、カバーを開けずに、機器の状態を確認することが可能。
ホットスポット リダクション テクノロジー
HRT(ホットスポット リダクション テクノロジー)は照明を必要とする場所に 配光を滑らかに分散させる光学技術です。 白とびや黒つぶれを抑制し、クリアな映像をもたらします。
 
  顔のクローズアップ、過剰露出がない完壁に近い映像
従来の赤外光照明の映像
 
配光が不均等で、中心部には白とびが、周辺部には黒つぶれがあり、適正な映像エリアは狭く短い。
Raytec Varioに搭載された優れた
光学技術による映像
分散/平均化された配光により、全画面にわたり適切に露光され近くから遠くまでクリアに見える。
投光器本体 赤外光モデル
波長の違いにより、2タイプご用意しています。
 
■850nm
(IPPoE モデル)
VAR2-IPPoE-i8-1、VAR2-IPPoE-i4-1


(PoE モデル)
VAR2-PoE-i8-1-PR、VAR2-PoE-i4-1-PR、
VAR2-PoE-i2-1-PR

(電源駆動モデル)
VAR2-i16-1、VAR2-i8-1、VAR2-i4-1、VAR2-i2-1

 
■940nm※受注生産モデル
(電源駆動モデル)
VAR2-i16-1-c、VAR2-i8-1-c、VAR2-i4-1-c、VAR2-i2-1-c
投光器本体 白色可視光モデル
(IPPoEモデル)
VAR2-IPPoE-w8-1、VAR2-IPPoE-w4-1


(PoEモデル)
VAR2-PoE-w8-1-PR、VAR2-PoE-w4-1-PR、
VAR2-PoE-w2-1-PR


(電源駆動モデル)
VAR2-w16-1、VAR2-w8-1、VAR2-w4-1、VAR2-w2-1
型式の見方
電源駆動モデル
IPPoEモデル
PoEモデル
外形寸法図
(単位:mm)
オプション
●必須オプション(IPPoE タイプを除く)
専用リモコン VAR-RC-V1
必要度 ★★★
オープン価格
●任意オプション(必要に応じてお求めください)
必要度 ★★☆
※投光器本体へ電源供給することが可能です。
オープン価格
必要度 ★☆☆
※照射範囲を変更する際に使用します。
オープン価格
必要度 ★☆☆
※投光器本体を取り付ける際に使用します。
オープン価格
pege top ↑