電話でのお問い合わせ/月~金9:00 ~17:30
03-6911-0159
車両検知センサ関連サイト

その他システム提案

その他システム提案

  • 01.ゲート式コインパーキング / ゲート開閉制御
    車両が近づいたことを検知して駐車券を発行します。また、ゲートが開き、車両が通過したことを検知すると、ゲートが閉まります。
    これら2つの車両の動きを検知するために使用します。
    ポール設置型のため、ループコイルのように埋設する必要はありません。屋外環境でも安心して使用できるマイクロ波センサです。人キャンセル機能も有しています。
    使用製品
    OVS-01GTP(J)
  • 02.ゲート式コインパーキング / ゲートバー落下防止
    ゲートバー下降時に、人や車両を検知してゲートバーの下降を停止し、上昇させるために使用します。
    小型のため、機器組込に最適です。

    ※取付イメージのため、センサ周囲の囲いがありません。
  • 03.フラップレスコインパーキング / 在車管理
    車室後方に立てたポールに設置し、各車室に車両が存在するかどうかを管理するために使用します。
    ループコイルのように埋設する必要はありません。
    露出型と埋込型の2機種を用意しています。
    車室床面を傷つけることが一切無くなりデザイン性に優れます。
  • 04.駐車場シェアリングサービス / 在車検知で時間貸し化
    車室後方に立てたポールに設置し、各車室に車両が存在するかどうかを管理するために使用します。
    センサで在車検知をすることにより、時間貸し化が出来ます。
    ループコイルのように埋設する必要はありません。
    設置、撤去が容易です。
  • 05.商業施設駐車場 / 車番認識システム起動

    車番認識システムには、システム起動のために外部センサを用いる方式と、画像処理により外部センサを使用しない方式があります。認識精度が求められる案件では、外部センサを用いることになります。

    人キャンセル機能を有するため、人を検知してゴミ画像が増えることを防止できます。また車路の片側に設置する反射型のマイクロ波センサのため、設置場所は限定されません。

    使用製品
    OVS-01GTP(J)
  • 06.商業施設駐車場 / 車番認識システム用カメラ補助照明

    車番認識システムでは、白黒画像を使用します。白黒画像は、カラー画像よりもコントラストが高く、ビデオ解析に適しているためです。この場合、カメラ画像取得の補助のためには可視光照明は使用できず、赤外線照明を使用します。

    最長500m到達するハイパワーの赤外線照明です。
    レンズ入れ替えによる照射角度の変更が可能です。また、設定リモコンによる5段階の光量調節が可能です。

    使用製品
    VAR2-i8-1
  • 07.小売店舗 / ドライブスルー来客報知

    ドライブスルーシステムでは、メニューボード前に車両が進入したことを検知して店内にお客様が来訪したことをお知らせする必要があります。

    高密度検知エリアで確実に車両を検知します。
    オンディレー設定とスポットアンド設定により、誤動作を軽減します。

    使用製品
    OA-220VS(VD)
  • 08.物流倉庫 / 在車情報管理

    物流倉庫では、管理事務所にて、荷降ろし場のトラック在車状況を把握して、トラック入場前に指示をするシステムがあります。このシステムの在車検知で使用します。

    ループコイルのように埋設の必要はありません。
    人キャンセル機能を有するため、人が作業をしていても在車になりません。

    使用製品
    OVS-01GTP(J)  OVS-01CL(J)Ⅱ
  • 09.廃棄物処理施設 / トラックスケール起動

    廃棄物処理施設にて廃棄物積載車両の入場時と出場時に車両重量を計測し、その差分を積載量とするシステムがあります。入場レーンと出場レーンが区別されていない場合には、入場なのに誤って出場レーンにて計測してしまうことがあります。そこで、トラックスケールの手前にセンサを置き、このセンサが車両を検知すると、トラックスケールが起動する仕組みで使用します。

    人キャンセル機能を有するため、作業員の通行による誤計測がありません。

    使用製品
    OVS-01GTP(J)
  • 10.身障者用駐車場 / 在車検知

    ハンディキャップのある方への駐車スペースが普及する中、そのスペースを健常者が不正利用することでトラブルが発生しています。車両が駐車した時点で音声アナウンスで専用スペースであることをお知らせしたり、IDタグとの組み合わせにより、回転灯を動作させるために使用します。

    ループコイルのように埋設する必要はありません。
    人キャンセル機能を有するので、高速道路のサービスエリア・パーキングエリアのように、人が通過する場所でも使用できます。

  • 11.タクシー待機所 / 在車検知

    縦に並ぶタクシー待機所において、最後尾にお客様を待つタクシーが停車しているときは、回転灯を動作させてお知らせしたいという要望があります。
    また、待機所が専用に用意されていて、そこに車両が駐車していることを離れた場所で知りたいという要望もあります。

    ポールに設置する車両検知センサで解決できます。
    在車検知が可能なので、タクシーがお客様を待っている間、回転灯や表示灯をオンし続けることが出来ます。

Support サポート
VDS事業開発部
03-6911-0159
【受付時間:月〜金9:00〜17:30】