セキュリティ関連サイト トップ>光ファイバー振動検知センサ  
サイトマップ
  SecuritySite English
セキュリティサイトご利用について
光ファイバー振動検知センサ FD-331/FD-332/FD-341/FD-342
オープン価格
特 長
仕 様
外形寸法図
オプション
ダウンロード
 
光ファイバーセンサケーブルを利用した侵入検知システム
不法侵入者がフェンスをよじ登ったり、フェンスを切断した時の僅かな振動を検知できます。
また、独自の信号処理により、風や小動物などの自然現象による揺れや振動の排除ができます。
■登り始めから検知
・侵入者がフェンスを登り始めた時に検知しますので、より早い段階で侵入の把握ができます。
■電気的、電磁的影響をブロック
・センサケーブルに光ファイバを使用していますので、雷やノイズなどの電気的、電磁的影響を受けません。
■センサケーブルを守る保護管
・検知ケーブルは導管にて保護されている為、衝撃などによる断線を防くことができます。
・導管には忌避剤(きひざい)が含まれていますので、動物などの噛み付きからファイバーを保護します。
・ファイバーを導管に挿入した状態で当社から出荷する為現場での挿入の手間はかかりません。
FD-331/FD-332

・振動検知コントローラーをフェンスに取り付けるタイプです。
・暴風対策として風速計(別売り)との連動ができます。

FD-341/FD-342

・振動検知コントローラーを遠隔地(最大20km)に取り付けるタイプです。

設定用ソフトウェア

■設定用ソフトウェアにより、視覚的にセンサの感度が確認できます。
−光ファイバーの振動を周波数に変換しています。
−フェンスをよじ登る動きは周波数が低く、フェンスをカットした周波数は高い性質があります。
−誤報要因となる周波数帯域をソフト上で排除できます。
−フェンス運用に応じたイベント発生回数、イベント検出時間しきい値や、排除する周波数帯域を設定することにより現場に応じた最適な設定ができます。
設置イメージ
pege top ↑
仕 様
型  式 FD-341 FD-342 FD-331 FD-332
接続区間数 1 2 1 2
検知種別 光振動センサ
システム概要 ファイバーケーブル振動による異常干渉光を検知
警戒距離 最大5km/区間
非検知ケーブル最大長 最大20km -
ケーブルへの落雷 光ファイバ使用の為影響を受けない
感度設定 警戒区間毎
検知時の位置特定 警戒区間毎
電源電圧 DC12-24V
接点出力 フォルト出力×1 NC、アラーム出力×2 NO/NC、タンパー出力×1 NO
動作温度 -40〜70℃
外形寸法 256×143×24mm (H×W×D)
風速計との連動 -
pege top ↑
外形寸法図
(単位:mm)
pege top ↑
オプション
結束用スチールワイヤ WT18-500
オープン価格
コネクター工作キット CK-500
オープン価格
カップリング CB-5-10
オープン価格
コネクタ CPL-5-10
オープン価格
pege top ↑