「事故の記録」や「運行管理」ではなく「事故を予防したい」 企業管理者の声から生まれた営業車の安全運転支援サービス「セーフメーター」

セーフメーターとは 企業の営業者向け、安全支援サービス

  • 【SAFEMETER】事故の予防に効果
  • 【ドライブレコーダー】事故後に役立つ
【SAFEMETER】事故の予防に効果 【ドライブレコーダー】事故後に役立つ

セーフメーターは、ドライブレコーダーやテレマティクスのような、危険運転や事故時の記録、運行管理ツールではなく、事故のきっかけとなる急ブレーキや急発進・急ハンドルなどを無くすための、企業の営業車向けの安全運転支援サービスです。

  • 安全運転への気づき
  • 運転の変化
安全運転への気づき→運転の変化

セーフメーター

システム構成

  • セーフメーターOSM-501
  • 専用アプリ
  • クラウドサーバー
  • セーフメーターデータサービス

オプテックス→パートナー

システム構成図

機能と効果 セーフメーターの特長

業界唯一の運転指標「スムーズ運転」 「気づき」「わかりやすい」「続けたくなる」

ヒヤリハット運転をおこしたらアラームで「気づき」を。
ていねいな運転をすればカウントがどんどん増える、運転者にとって「わかりやすい」機能を搭載。
安全運転を「続けたくなる」ツールです。

安全運転ツール セーフメーター

運転者自身で「気づき」
「成果が見えて」「続けたくなる」ツール。

スムーズカウント

ゆっくり発進・停止をカウント。数値をどんどん伸ばして社内でのトップを目指してください。スムーズな発進・停止をすると、スムーズカウントがカウントされます。スムーズではない発進・停止をすると、回数がリセットされます。

ゆっくり発進・停止をカウント。数値をどんどん伸ばして社内でのトップを目指してください。

スタート スムーズ発進 スムーズ停止 スムーズではない発進 スムーズ停止

スムーズな発進・停止をすると、スムーズカウントがカウントされます。スムーズではない発進・停止をすると、回数がリセットされます。

急加速・急ブレーキ・急ハンドル時は
運転者に「その場」で「気づき」

画面アイコンとアラームで、即フィードバック。本人の気づきが改善の近道です。

急操作のみを検知するアルゴリズム

不要カウントをしない、センサメーカーならではの信頼性を高めるアルゴリズム。

貼り付けるだけの簡単スタート

ドラレコやテレマのような工事は不要で、OBDIIに接続しません。しかも電池駆動です。

共用車にも対応

本体は運転者のマイセーフメーターとして。ホルダは営業車に固定します。

無料アプリで簡単データ転送

Bluetooth LEでスマホとペアリングし簡単データ転送。オフィスにタブレットを配置すれば、スマホがなくても対応できます。

ダウンロード

セーフメーターによる3つの効果

1.車両関連のコスト削減1.車両関連のコスト削減

  • 【事故率】事故処理の間接費用も同様に削減
  • 【フリート保険】営業車が多いほど保険料への効果は大きく
  • 【燃費】本体コストを1年で償却

2.運転者の意識や行動の改善

  • ブレーキを早めにかけるようになりました。
  • 時間に余裕を持って行動するようになりました。
  • 車間距離を長めにとるようにしました。

3.上下間・同僚とのコミュニケーション円滑化

管理者 - 運転者
良い運転(スムーズ運転の成果)でのポジティブなコミュニケーション
同僚
良い意味での競い合いによる安全運転意識向上

お客様導入事例

CASE01ヤンセンファーマ株式会社様

事故体質の改善には、まず運転者自身に気づきを与えることが大切。

詳しくはこちら

CASE02株式会社トーカイ様

『セーフメーター』を活用し、組織一体で取り組んだ事で成果が上がっていると実感してます。

詳しくはこちら