電話でのお問い合わせ/月~金9:00 ~17:30
03-6911-0159
車両検知センサ関連サイト 車両検知センサViiK

車両検知センサ 車路管制システム用 OVS-6500S

駐車場での事故防止に回転灯を動作!

車両検知センサ ゲート式駐車場用

OVS-6500S ※旧OA-6500S-PK

希望小売価格/オープン価格

センサの検知原理と基本動作

【OVS-6500Sの動作原理】
この製品は、センサ本体から近赤外線を照射し検知エリア内の床面などで反射される近赤外線を受光しています。検知エリア内の車両(人・物)が進入し、反射する近赤外線の光量が変わると信号を出力します。

進入スピード、車体の色や材質、および床の色や材質により、車両(人・物)を検知する位置が異なります。

センサ設置条件

【センサ付近の環境】
センサ付近に、非常に強い電波、ノイズ機器(蛍光灯、ネオン管など含む)を置かないでください。

【車両の進入以外でも動作します】
・検知エリア内の床面が急変したとき(水をまく、物を置くなど)
・霧や排気ガスが検知エリア内に進入する場合(※)
・検知エリア内に動くものや光源がある場合(くも、虫などがウインドについている場合)
・犬、猫などが通過したとき
・雨、雪などが検知エリアにかかったとき(※)
・太陽光などの反射光がウインドに強くあたる場合

※ある程度の雨、霧などでの誤作動防止対策は施しています。

ViiK Alarm OVS-6500Sは、駐車場内での衝突事故防止のため回転灯を動作させるセンサです。
「ViiK」は、現在主流である多くの車両検知センサが抱える悩みを一気に解消すべく、オプテックスが車両検知専用に開発・企画した画期的かつ独自性の高いセンサの総称です。

①自走式立体駐車場内の出合い頭事故防止のため
②建物からの出口での自転車、歩行者との接触事故防止のため

取付高さは6.5mまで対応しているので、従来、設置が困難だった天井高が高い場所にも設置が可能です。

既存センサの問題点

光電センサ→ ・方向判別するには、2対向が必要。
・投受光器の光軸調整が面倒。
・4ケ所への配線工事が必要。
ループコイル センサ→ ・方向判別するには、2組が必要。
・急な施工依頼に対応困難。
・床スラブが薄くなり、ループコイル埋設が困難。

①省施工&簡単配線

光電センサは4本のポール立て、ループコイルは2ケ所の埋設が必要。OVS-6500Sは天井に1ケ所設置の省施工。配線は、電源、出力①、出力②の計6芯。

②レースウェイにビス取付

*無目・梁等の垂直面への取付となります。天井面への水平取付はできません。

③ 簡単エリア設定

スイッチの ON/OFF で簡単に検知エリアを消去でき、外縁部での人の動きによる誤動作を軽減できます。1,2列目と3列目間の距離を長めに設定すると人の通過による動作を最低限に抑えることが可能です。

検知エリア

センサの取付面(取付方向・検知エリア)を予めご確認ください。センサは、壁面・無目・梁等の「垂直面」に取り付けます。天井面等の「水平面」には取り付けないでください。その場合正常に動作しません。

仕様表
名称 ViiK Alarm(車両検知センサ 車路管制システム用)
型 式 OVS-6500S(※旧OA-6500S-PK)
取付高さ 2.5~6.5m以内
検知方式 近赤外線反射方式
奥行可変範囲 3列目エリア:30°~50°可変
1,2列目エリア:ー15°~5°可変
電源電圧 AC/DC12V~24V
消費電力 2.5W / 3.5VA以内
動作表示灯 緑色点灯:待機時
橙色点灯:2,3列目検知時
赤色点灯:1列目検知時
出力 リレー1出力(N.C./N.O.) 無電圧50V0.3A(抵抗負荷)
リレー2出力(N.C./N.O.) 無電圧50V0.3A(抵抗負荷)
出力保持時間 約0.5秒
使用周囲温度 -20℃~+55℃(結露なきこと)
設置環境 屋内・半屋内(雨が直接当たらない場所)
質量 約600g(本体のみ)
付属品 配線コード(約40cm)×1、取付ビス(呼び4×12)×2、
高所用ウインド×1セット、防塵シール×1

※仕様は改良の為予告なく変更することがあります。

外形寸法図

単位(mm)

オプション製品

出庫注意灯
縦型 ST-01T-OP
横型 ST-01Y-OP
※希望小売価格/オープン価格

関連製品

     
Support サポート
VDS事業開発部
03-6911-0159
【受付時間:月〜金9:00〜17:30】