パッシブサーマル方式
ワイヤレス存在検知センサ
CPDシリーズ

フリースペースのテーブル下に設置して人を検出、在席判定する人感センサです。
焦電式(パッシブ式)センサでは検出しにくい1名席、2名席でも高確率で在席判定が可能です。

CPD在室検知センサ

取り付けイメージ

設置サンプル

特 長

新開発のパッシブサーマルセンシング方式により動きのない人を継続的に検出することが可能です。

パッシブサーマル・テクノロジー

●独自のセンシングアルゴリズムにより、着席している人を高精度で判定します。

●限定された検知エリアにより、テーブル脇を歩く人を誤検知しません。

簡単セットアップ

●両面テープ設置による簡単取付け。ワンプッシュで簡単ペアリングと初期化設定が可能です。

5年間電池交換不要

●電池交換の頻度が少ないので、メンテナンスコスト低減につながります。

活用事例

●フリーデスクの空き状況の可視化

●シェアスペースの利用状況の把握

●オフィス空間の有効活用状況の把握

●空間設計 最適化コンサルティング用途

など

グラフ

システム構成

ワイヤレスシステム図

EnOceanとは、光や温度、振動など比較的微弱なエネルギーを集めて電力に変換する

「エネルギーハーベスト技術(環境発電技術)」を活用した無線通信の国際規格です。(ISO/IEC 14543-3-10)

オプテックスはEnOceanアライアンスメンバーです。

EnOceanアライアンスサイトへ

検知エリア

例)正面方向
(1人用テーブル推奨設置)

設置例 単一設置の感知範囲

仕 様

CPDシリーズ2D図面
CPD-J (WH)
使用場所

屋内

設置場所

テーブル下など

検出方式

パッシブサーマルセンシング

検知距離

0.1 to 0.8m

検知エリア

50° (Φ0.7m @0.8m)

検知エリア

可変角度 両方向0 to 80°(20°毎):9段階

動作電源

リチウム電池 CR123A x 1本(必須・別売)

電池寿命

約5年 (常温時、出荷時設定) ※送信間隔や使用環境により短くなることがあります。

無線出力

EEP A5-07-01 (EnOcean)

RF周波数

928MHz

RF送信距離

約25m(オープン時) ※送信距離は設置環境により、変わる場合があります。

初期化時間

約20秒

ボタン

ワンプッシュ : EnOcean登録信号送信 長押し (押し時間 5秒以上) : 初期化開始

 1 センサ感度

標準 / 低

 2 椅子判別時間

14分 / 5分

 3 定時送信間隔

30分 / 3分

 4 使用せず

-

本体寸法 [mm]

W154 x H30 x D30

質量

70g (リチウム電池含む)

動作周囲温度

0 to 50 [℃] ※正しく判定できる温度は、人の表面温度を超えない範囲

使用周囲湿度

95% max.

付属品

両面テープ、角度固定ネジ(呼び2 x 6) x 1本

別売品

リチウム電池:CR123A、取付けネジ(呼び4) x 2本

規格

技術基準適合