業界最高峰の安全を提案します!シンクロドアウェイなら、自動ドアの上で立ち止まっていても大丈夫。
シンクロドアウェイとは…
「通行者の立ち止まりを見守る」業界最高峰の安全機能です。

内外のセンサーが通信する事により、進行方向に関わらず内外のドアウェイエリアが有効(通常のドアウェイエリアの2倍)になります。
ドアレール上に人が立ち止まった場合にドアが閉まりません。

当社独自のセンシングロジックにより、立ち止まりに対する安全性が飛躍的に向上します。

※本機能は補助光電を不要にする機能ではありません。
 補助光電センサーとシンクロドアウェイを併用する事で、
 ドアレール付近の安全性がさらに向上します。
※本機能は事故防止を保証するものではありませんので、ご了承願います。

シンクロドアウェイに関するお問い合わせは、コチラのフォームにてお問い合わせください。

無目付型センサーOA-230V 天井付型センサーOA-730V 無目内蔵型センサーOA-230V BUILT-IN

一般的な自動ドアセンサーとドアウェイ機能があるセンサーとの比較
 一般的な自動ドアセンサー
一般的な自動ドアの起動検出センサーは、ドアを起動させる目的で設置されてます。
通常、ドアレールの立ち止まりを想定し補助光電センサーが設置されており、起動検出センサーでサポートはしていません。

ドアウェイ機能とは、ドアレール上にエリアを設定しドアレール付近の立ち止まりやゆっくりした進入に対し一般的な自動ドアセンサーより高い安全性を提供できる機能です。
しかし、人が進入した側のセンサーはドアウェイエリアが稼動しますが反対側のセンサーは進入側センサーとシンクロしていない為、ドアウェイエリアは稼動しません。


高い安全性を求めるのなら、シンクロドアウェイのプロセーフIIシリーズをお求めください。
Copyright(c) OPTEX CO., LTD All Rights Reserved.