IoTセンサーでトイレオペレーションを効率化

「きれいで清潔、安心して使える公衆トイレ」日本のトイレは世界のどの国よりも優れており、いまや日本の文化の一つになっています。日本ならではの衛生を重視する文化の裏には、清掃やメンテナンスが欠かせません。清掃員が適切なタイミングで清掃や設備補充のメンテナンスオペレーションを行うためにも、トイレ用IoTセンサーが役立ちます。

綺麗なトイレは快適トイレ

デパートや商業施設、公共施設など、誰もが自由に利用できる日本のトイレは、清掃やトイレットペーパーなどの備品の整備が隅々まで行き届いています。トイレの清潔感は、施設の印象を大きく左右し、お客様に対する姿勢を反映しています。そのため、1時間おきに掃除をしている施設や店舗が少なくありません。
一方で、トイレの利用頻度に関わらず、決められた清掃タイミングで作業するのは、効率的とは言えません。備品の整備などのメンテナンスにかかる時間やコストは最適化が必要です。

トイレの使用状況を「見える化」で運用コスト1/3

トイレの各個室や通路にセンサーを設置し、トイレ利用の時間帯・利用頻度などの統計データにより利用実態を把握します。施設管理者はこのデータをもとに、利用頻度の高いトイレから清掃を行うなど、清掃間隔、清掃員の効率的な配置を可能にします。これにより、トイレ清掃にかかるコストを最大1/3に削減(※1)でき、実用化が進んでいます。
また、無線通信のIoTセンサーは、システム導入時の配線が不要で、電池交換などのメンテナンス回数も低減できるため、大規模な作業をせずに、安心して導入、運用いただけます。

1:当社調べ

システム構成図
システム構成図

さまざまなトイレ問題

並ばなくてもいいトイレ

高速道路のサービスエリア、ライブ・コンサートなどのイベント会場、商業施設の飲食店フロアなどトイレの前に長蛇の列。オフィスのトイレも昼食後はトイレが混み合い、トイレ難民が発生します。
通常、私たちはトイレに行くまで使用状況がわかりません。初めての場所ではトイレの設置数も、どのくらい待たなければいけないのかもわかりません。待ち時間が不明なまま空くまで待つか、空いているアテもないまま、別のトイレを探すか、選択を強いられることになってしまいます。

【 解決策 】
IoTでスマートトイレ

トイレの各個室や通路に設置したセンサーが、在不在、滞在時間のデータを取得します。空き個室の案内や待ち時間目安の表示、トイレ混雑状況をトイレの入り口や施設の各所に設置したサイネージ、スマートフォンのアプリで確認できるサービスを提供することで混雑度の平滑化、利用者のストレス低減による顧客満足度向上につなげることができます。

危険をお知らせする安心トイレ

トイレの利用者が急な体調不良で動けない、公園の公衆トイレやショッピングモールの閉店後、長時間トイレに潜伏する不審者など人目に付きにくいトイレには、危険が潜んでいます。

【 解決策 】

通常よりもトイレが長時間使用されている場合に、利用者に注意を促すとともに施設管理者に通知するシステムを構築することにより、万が一の場合の事故の早期発見や犯罪の事前抑制をすることができます。

イマドキトイレの悪癖 究極のプライベート時間を削減

トイレ空間がキレイで快適になることで、トイレにスマートフォンを持ち込む人や居眠りをする人が増え、トイレの一人あたりの利用時間が長くなったと言われています。
これにより、他の利用者に迷惑をかけたり、会社においては貴重な人件費と業務時間がトイレに流れ、仕事に支障をきたすといった弊害が聞こえています。

【 解決策 】

トイレに設置したセンサーからトイレの滞在時間を把握することができるため、オフィスにおいては自席のパソコンで利用状況が分かるだけでなく、予測空き時間を提示するシステムを構築することができます。
これにより、トイレを我慢したり、何度も席を立つという従業員の不満の解消、職場環境の良好化が期待できます。

よくある質問

IoTセンサーの導入には、大がかりな工事が必要ですか。

無線通信、電池駆動のIoTセンサーは、配線工事が不要です。
既存のトイレに設置できるため、施工中トイレが数日間にわたり使用できないといった負担をかけません。

オプテックスからシステムを購入することはできますか。

オプテックスは、センサーをご提供し、システム構築は、協力会社をご紹介いたしますので、お問い合わせください。

信号送信時間等の変更はできますか。

各種カスタム対応が可能です(カスタム費用が必要です)。  ご利用用途とあわせてご相談ください。

PoC (Proof of Concept)をしたいのですが、どうすればいいですか。

利用するために必要となる機器がセットになった、評価キットを販売しています。

IoTセンサーの機器寿命はどのくらいですか。

長寿命設計により、電池交換は5年に1回程度となります。
機器のメンテ回数が非常に少ないことから、管理コストの大幅圧縮し、長期間安心してご利用いただけます。

清掃の際の注意点はありますか。

IoTセンサーにおいては、水の噴射を直接浴びても機器本体に有害な影響がないレベル(防水レートIPx5)であるため、清掃時に水がかかっても大丈夫です。

製品情報

製品に関するお問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


電話でのお問い合わせ

本社(滋賀)
077-579-8004
東京支店
03-5733-1726