セキュリティ関連サイト トップ > 太陽光発電所向け屋外セキュリティシステム
  • 太陽光発電所向け屋外セキュリティシステム
  • ロケーションや用途に合わせたセキュリティシステムの事例
  • お問い合わせフォーム

ロケーションや用途に合わせたセキュリティシステムの事例

山林や郊外での設置

遠隔地や僻地では、施設管理者への画像通報と現場での光や音声による侵入者威嚇システムを準備しています。
山林地帯など土地の区画が変形している場所でも、光ファイバー振動検知センサなら設置が可能です。

山林や郊外でのセンサ動作イメージ画像

遠隔地画像モニタリングと光・音で威嚇のイメージ画像 複雑な地形にも対応できる光ファイバー式センサの画像

海辺での設置

海辺でも太陽光パネルの設置が増えてきています。耐環境性能で確実な検知ができる光ファイバー振動検知センサは、塩害の影響を受けません。

海辺に設置したセンサ動作イメージ画像

塩害の影響を受けない光ファイバー式センサの画像

市街地での設置

市街地では、施設管理者や警備会社への通報で、犯罪を未然に防ぐシステムを準備しています。
また、広域エリアでソーラー施設の運営されている場合は、配線工事や機器などにかかるコストや工期を大幅に削減できる電池駆動式ワイヤレスセンサが有効です。

市街地に設置したセンサ動作イメージ画像

施設管理者・警備会社への通報システムのイメージ画像 配線工事が不要な電池駆動式ワイヤレスセンサの画像

その他

ソーラー施設内は高電圧が流れているため、盗難や破壊だけでなく、誤って侵入した人の安全も確保しなくてはなりません。外周だけでなく、敷地内への侵入警戒は、位置情報がわかるレーザースキャンセンサが最適です。

その他のセンサ動作イメージ画像

敷地内を高密度警戒レーザースキャンセンサの画像

太陽光発電所への防犯対策をご検討の事業者様へ、オプテックスのセキュリティシステムで安全と安心をご提案します。まずは、お電話もしくはフォームよりお問い合わせください。


ページトップへ