セキュリティ関連サイト トップ>逆行検出システム ACCURANCE R1002  
サイトマップ
  SecuritySite English
セキュリティサイトご利用について
逆行検出システム ACCURANCE R1002
特 長
仕 様
外形寸法図
オプション
ダウンロード
 
検出原理
逆行者がラインA(ピンク)を通過して検出ラインB(水色)を通過すると検出します。
逆行検出システム R1002 製品特長
・高精度な検出
独自の画像センシング技術により、人の動きを追跡し、高精度に認識
・逆行検出機能
全ての対象物を同時に捉えて、逆行方向への通行だけを検出することが可能
・システムとの連携
制御ボックスからの無電圧接点出力を用いて、上位システムとの連携が可能
システム構成図
最大検出エリア早見表
(単位:mm)
取付高さ 最大検出エリア幅 最大取付間隔
1台設置時 2台設置時 3台設置時
2500 1500 2700 3900 1200
3000 2700 5100 7500 2400
3500 3300 6300 9300 3000
4000 4000 7700 11400 3700
※上記数値は、身長約2.0m の人を対象とした場合の目安です。
pege top ↑
仕 様
検出方式 ベクトル焦点法  
検出精度 95%以上(当社基準による)  
電源 Power over Ethernet IEEE 802.3 af  
起動時間 約45秒  
消費電力 制御ボックス 最大10W  
検出ユニット 最大10W
表示灯 制御ボックス 電源(緑)、逆行(赤)、起動時(全点灯)、異常(全点滅)、通信異常(赤・緑交互点滅)  
検出ユニット 電源(緑)、逆行(赤)、起動時(橙)、異常(橙点滅)、通信異常(赤・緑交互点滅) 結果表示はON/OFFをSW切替
本体重量 制御ボックス 約800g  
検出ユニット 約220g
使用周囲温度 0〜50℃  
使用周囲湿度 80%RH以下 ただし結露無きこと
使用照度 100〜20,000lx ※1 ただし人物の境界が映っていること
取付場所 制御ボックス 壁掛け/据え置き 屋内専用
検出ユニット 天井 屋内専用
取付高さ 検出ユニット 2.4m〜4.0m 環境条件により性能が出ない場合があります
LAN配線 CAT5e以上 最大配線長:100m
Ethernet仕様 100Base-T(X) プロトコル:TCP/UDP(IPv4)、ARP、ICMP、HTTP
最大接続数 制御ボックス:1台につき、検出ユニット:3台まで  
入力端子 ※2 制御ボックス 出力無効 無電圧a/b接点 逆行@/A出力を無効にする
出力リセット 逆行@/A出力を止める
出力端子 ※2 制御ボックス 逆行@ MOS FETリレー
無電圧a/b接点
DC30V 0.2A 以内(抵抗負荷)
タイマは0.2〜∞秒可変
逆行A
ユニット1検出 検出ユニット1の逆行検出数をパルス出力
ユニット2検出 検出ユニット2の逆行検出数をパルス出力
ユニット3検出 検出ユニット3の逆行検出数をパルス出力
逆行検出数 逆行検出数をパルス出力
異常 検出不能と判断したとき出力される
※1 常時100lx以上が必要です。
※2 入出力の接点はディップスイッチにてa/bの選択が可能です。
pege top ↑
外形寸法図
(単位:mm)
pege top ↑
オプション
PoEHUB PN21089K
Panasonic製  
鍵穴付収納ボックス CL16-43
日東工業製