電話でのお問い合わせ/月~金9:00 ~17:30
03-6911-0159
車両検知センサ関連サイト 車両検知センサViiK

車両検知センサ 車室用 OVS-01CL(J)Ⅱ

地中埋設不要!ロック板のない駐車場に最適

車両検知センサ ゲート式駐車場用

露出型 OVS-01CL(J)Ⅱ

希望小売価格/オープン価格

センサの検知原理と基本動作

● 検知原理
・本機はマイクロ波および超音波の反射を利用して車両を検知するセンサです。
( 反射量が大きいほど検知しやすい傾向にあります。)
・マイクロ波センサはFMCW 方式を採用しているため在車検知が可能です。
・超音波センサはセンサの直近にある車両を検知します。
・検知ロジックは次のようになります。

車両がエリア内に無いときは、超音波センサが人を検知しても、リレー信号は出力されません。(感度レベル5 のときを除く)。

車両が進入すると、マイクロ波センサが車両を検知し、同時に超音波センサが起動します( 感度レベル5 に設定したときは超音波センサは常時起動しています)。オンディレータイマの設定値により、検知になるタイミングを変更できます。

車両が検知エリア内で停車している間、センサは検知状態を維持します。

車両が検知エリアから離脱するとセンサは非検知状態になります。オフディレータイマの設定値により、非検知になるタイミングを変更できます。

NOTEセンサの検知原理上、以下のような場合があります。

・車両が検知エリアから離脱した場合でも、検知エリア内に人などの物体がある場合は非検知状態になりません。
旗やのぼり、伸びた草などでも非検知にならない( なりにくい) ことがあります。

センサ設置条件

・設置対象となる駐車場の車室は以下の通りです。満たさない項目がある車室ではご使用いただけません。
 車室幅:2500mm ±300mm
 車室長:5000mm ±300mm
 車輪止め位置:車室後端から1000mm ~ 1200mm
・車室中央設置の場合、車輪止めは左右分割型のものを使用し、センサ正面に車輪止めがないように施工ください。
・センサを設置するポールは、下図のようになるよう設置してください。
ポールの設置角度が下図と異なる場合は、センサ部を回転させて下図に合うよう角度調整してください。
OVS-01CL(J)Ⅱは5°刻みで左右各30°、OVS-01CLB(J)Ⅱは5°刻みで左右各15°の調整が可能です。

・本体中央が地面から750mm~800mm の高さに設置してください。

NOTEセンサを傾いたポールに設置すると超音波センサが地面を検知してしまい、正しく動作できません。必ず地面に対して垂直に立てられたポールに設置してください。

・超音波センサの検知エリアの地面にはグレーチングなどの凹凸がないようにしてください。センサが非検知状態にならないことや、非検知状態になるまで、時間がかかることがあります。
・検知エリアの周辺に蛍光灯機器を設置しないでください。正しく動作できないことがあります。
・センサの検知エリア内に旗やのぼりなどの動くものを置かないでください。また、検知エリア内に草木がある場合は撤去するか検知エリアを短く設定してください。センサが非検知状態にならないことや、非検知状態になるまで、時間がかかることがあります。

センサ設置部の穴加工について

・下図のように角ポールや壁面に本体取付用の穴を開けます。タップ穴を開けられない場合は、φ4.3mm の下穴を開け、付属の本体取付ナットを使用して固定してください。
・穴開け後は、防水性を確保するため、必ずバリ取りを行ってください。

センサ検知条件

・センサの検知対象となる車両は以下となります。
 車両全長 3300mm以上 5000mm以下
 車両全幅 1400mm以上 1900mm以下
 車両全高 1200mm以上 2100mm以下
 最低地上高 150mm以上
 車両総重量 2.5t以下
・時速2~20kmで進入する車両を検知します。

NOTEセンサの特性上、以下のような場合があります。

●設置条件に適合しない場所に設置された場合、正しく動作しません。
●本書に従って正しく設置・設定されていない場合、正しく動作しません。
●複数の人や自転車、大きな荷物( 特に金属) などが検知エリアに進入した場合、検知することがあります。
●車両が進入( 停止) する位置や方向によっては検知できる距離が短くなることや、検知できないことがあります。
●次のときセンサが正常に動作しないことがあります。
 ・地面とセンサを設置するポールが垂直でないとき
 ・センサ表面に氷や雪、ガムや泥などが付着したとき
 ・センサ部が凍結したとき
 ・センサの検知エリア内に一定以上の積雪があるとき
 ・どしゃぶりの雨が降っているとき
 ・水しぶきがかかったとき
 ・車のホーン、バイクのエンジン音、エアブレーキ音などの超音波を発生するものが近づいたとき

マイクロ波(電波)と超音波(音波)のコンビネーションにより、車両を確実に検知します。 本センサのマイクロ波は、FMCW(周波数変調連続波)技術により在車検知が可能です。
「ViiK」は、現在主流である多くの車両検知センサが抱える悩みを一気に解消すべく、オプテックスが車両検知専用に開発・企画した画期的かつ独自性の高いセンサの総称です。

ViiK 基本動作

地中埋設の工事が不要

ループコイルセンサや電磁式センサのように、地中への埋込や地面に設置する必要はありません。工期短縮に貢献します。

雨・風・雪にも強い

環境変化の自動補正機能により、屋外でも安心して使用できます。

車両カラーの影響なし

動作原理上、車のボディカラーの影響はありません。

検知するのは車両のみ

人キャンセル機能により、人間は検知せず、車両のみを検知することができます。
【特許出願中】※車室中央設定時のみ

検知エリア

設置高さ:0.8m、センサ設置場所:車室角、感度:3、検知エリア確認モード
※通常動作モードでは、検知エリアより内側で車両を検知します。

単位(m)

センサ検知条件

仕様表
名称 ViiK Cell
(車両検知センサ 車室用 露出型)
型 式 OVS-01CL(J)Ⅱ
検知方式 マイクロ波( ドップラー、FMCW)・超音波 コンビネーション方式
センサ周波数 マイクロ波センサ:24GHz 超音波センサ:58kHz
応答速度 500msec
電源電圧 DC12~24V
消費電流 ヒーター作動時:最大200mA、ヒーター非作動時:最大80mA(24V時)
出力 無電圧リレー出力DC30V, 0.3A(出力1: N.O. / N.C. 切替)
入力 N.O. 接点入力
検知距離 マイクロ波センサ 0.8~3.8m 可変
超音波センサ 0.1~2.5m 可変
検知可能車速度 2~20km/h
機器設定 感度(マイクロ波センサ) レベル1~5(出荷時設定:3)
検知復帰時間(マイクロ波センサ) 切/1/2/4秒(出荷時設定:2秒)
オンディレー 0.5/1/2/4秒(出荷時設定:1秒)
オフディレー 0.5/1/2/4秒(出荷時設定:1秒)
出力1接点切替 N.O. / N.C(. 出荷時設定:N.O.)
マイクロ波センサ検知距離 2.4 / 2.6 / 2.8 / 3 / 3.2 /3.4 / 3.6 / 3.8 m(出荷時設定:3.2m)
超音波センサ検知距離 切/ 1 / 1.2 / 1.5 / 2.5m(出荷時設定:2.5m)
センサ設置場所 車室角/車室中央(出荷時設定:車室中央)
表示灯 通常時 待機時:緑点灯 検知時:赤点灯
検知エリア確認時 非検知時:緑点滅, マイクロ波センサ検知時:黄点滅
超音波センサ検知時:紫点滅, マイクロ波・超音波センサ検知時:赤点滅
自動補正時 準備中:青点滅(遅)、補正中:青点滅(速)、超音波検知エラー:赤青交互点滅
センサリセット時 リセット完了:黄点灯(2秒間)
人キャンセル機能 あり ※車室中央設定時のみ
使用環境温度 -20~50℃
使用環境湿度 95% max.(ただし結露なきこと)
保護構造 IP65
設置場所 屋内・屋外 角柱取付
設置高さ 750~800mm(地面と本体中央の距離)
センサ角度調整 左右方向:±30°(5°刻み)
質量 420g
付属品 施工説明書、本体取付ネジ(M4×12)×4、本体取付ナット(M4)×4
超音波エリア調整フィン、超音波エリア調整フィン取付ネジ(タップ呼び3×8)

※仕様は改良の為予告なく変更することがあります。

外形寸法図

単位(mm)

オプション製品

配管固定用バックボックス
OVS-BB01
※希望小売価格/オープン価格
施工説明書(PDF)
承認図(PDF)
外形寸法図(DXF)
ポール取付金具
OVS-PA01
※希望小売価格/ オープン価格
※2個セット品
承認図(PDF)
外形寸法図(DXF)

関連製品

     
Support サポート
VDS事業開発部
03-6911-0159
【受付時間:月〜金9:00〜17:30】