オプテックスからのお知らせ
オプテックス株式会社HOME オプテックスからのお知らせ

オプテックスからのお知らせ

お問い合わせ

2017年3月16日

第38回定時株主総会の議案に関する補足説明について
株主の皆様へ

 
当社第38回定時株主総会の議案に関する補足説明について

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
 さて、平成29年3月25日に開催を予定しております当社第38回定時株主総会で上程を予定しております議案に関連し、
本日までに当社の株主(議決権行使助言会社を含む。)の皆様から寄せられた主なご意見に関し、以下の通り補足説明を申し上げます。
内容をご確認いただき、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

                          記

・第4号議案 取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)に対する譲渡制限付株式の付与に関する
報酬額等及び内容の決定の件

 当社取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。以下、「対象取締役」という。)に対し譲渡制限付株式を割り当て、
当社株式を保有させることで当社の企業価値の持続的な向上を図るインセンティブを与えるとともに、対象取締役と株主の皆様との
一層の価値共有を進めることを目的といたしております。

 本制度において対象取締役に対して譲渡制限付株式を割り当てるために付与する金銭報酬債権は、これまでに承認された
取締役の報酬枠内であり、取締役報酬の一部を譲渡制限付株式で支給するものです。

 当社は、企業価値向上に向けた目標として、連結自己資本利益率(ROE)を重要な経営指標の一つと認識しております。
そこで今回導入する譲渡制限付株式の譲渡制限を解除するための要件としても、連結自己資本利益率(ROE)等の
業績指標を設定することといたします。
 これにより対象取締役が、業績達成及び企業価値の向上により一層強い意欲を持って経営にあたると企図しております。

 また、譲渡制限期間を原則として3年程度の期間に設定することで、中長期視点での安定的かつ継続的な成長と
企業価値の向上を図るインセンティブを与えることを目指しております。

 なお、本件により発行又は処分をされる当社の普通株式の総数は年10,000株以内、希薄化率は0.1%未満であって、
株主の皆様に与える影響は軽微であると認識しております。

 このように本件は株主の皆様の利益向上につながる企業価値向上を目的とした内容であることを何卒ご理解いただき、
当社議案の賛否をご検討いただくうえで、ご参考としていただきますようお願いいたします。

                                                                    以上

                                                             平成29年3月16日
                                                     オプテックスグループ株式会社
第38回定時株主総会の議案に関する補足説明について [PDF:121KB]
«前に戻る

オプテックスからのお知らせ