温度計関連サイト・トップページ活用事例押出後アルミパイプの表面温度測定

活用事例

活用事例トップ

押出後アルミパイプの表面温度測定

押出後アルミパイプの表面温度測定

金属・非鉄金属業界成型

従来アルミ等の非鉄金属は表面に光沢があり、非接触温度計では正確な温度測定ができないというのが常識でした。短波長素子の採用と、内部回路を安定効率化した金属光沢面測定タイプであれば、正確な温度測定が可能になります。

従来の方法・問題点

ワーク押出後の正確な温度変化の測定が、製品安定化に重要であるのにかかわらず、測定できずに困っていました。

導入メリット

ワーク押出後の正確な温度変化の測定が可能になることで、ワーク押出スピードを正確に制御でき、歩留りが大幅に向上しました。

お電話でのお問い合わせは…077-579-8680
メールでのお問い合わせは…こちら