当社の事業について

お問い合わせ
経営理念について教えてください
事業の概要を簡単に教えてください
中長期戦略について
セキュリティ事業の戦略を教えてください
自動ドア(エントランス)事業の戦略を教えてください
グループとしての目標は?
海外での事業展開はどうしていくのですか?
[Q] 経営理念について教えてください
[A] 「未来への創造集団として、I.F.C.S.(Individual:個人、Family:家族、Company:会社、Society:社会)の快適生活に挑む」を経営理念とし、社会における「安全」、「安心」、「快適」の実現に向けて、「独自のアイデア」と「技術力」でシステムソリューションを提案することを経営の基本方針としています。
[Q] 事業の概要を簡単に教えてください
[A] 当社は、オフィスや公共施設などの施設において、防犯用センサ・システムを提供する『セキュリティ事業』、 自動ドア用センサや出入管理システムを提供する『エントランス事業』、 工場の生産ラインの品質管理に役立つ『産業機器事業』、 水の透明度や物体の温度を計測する『計測機器事業』、 安全運転を促進する『交通関連事業』に加え、 LED調光システムでワンランク上の省エネを実現する『照明制御事業』という6つの分野に事業展開しています。
[Q] セキュリティ事業の戦略を教えてください
[A] 犯罪の多様化や発生件数の増加に伴い、セキュリティ関連機器の市場は大きく拡大しています。その反面、国際的な競争の激化など市場環境は常に大きく変動しており、柔軟かつ迅速な対応が不可欠です。
そのため当社では、新製品投入や一般家庭向けの新製品投入を積極的に行ない、販売ルートの拡大を図っています。また、開発、生産、販売の各段階での競争力強化のため、コストダウンや生産リードタイムの短縮、開発のスピードアップと設計コストの削減を図っています。
[Q] 自動ドア(エントランス)事業の戦略を教えてください
[A] 当社は自動ドア用センサの分野で世界トップシェアを獲得しています。
また、人・車の動きを正確に数える「出入管理システム」を提供する技研トラステム株式会社をグループの一員とし、自動ドアセンサの枠を超えてエントランスコントロール事業として、総合的なソリューションを提供していきます。
[Q] グループとしての目標は?
[A] 当社グループの事業目的は、安全・安心・快適な生活環境の創造に、社業を通じて貢献することです。そのために、産業や暮らしにおける様々な「不安」や「お困りごと」に対して、独自のアイデアと確かな技術力で解決手段を提案するソリューション提案型メーカーになることです。
[Q] 海外での事業展開はどうしていくのですか?
[A] 海外市場では、東欧諸国など新興経済成長地域における市場開拓を目指しながら、米国や欧州においても更なるシェアアップを図ります。