OPTEX 濁度計・水質計関連サイト

無試薬型残留塩素計(オーバーフロー型) GR-10-35-22

無試薬型残留塩素計(オーバーフロー型) GR-10-35-22
無試薬型残留塩素計
GR-10-35-22

主な特長
3電極式ポーラログラフ方式センサ採用
検水中の干渉物質や電導度の影響を受けにくく広範囲の検水に対応可能
ユニークな2つの電極洗浄機構によりセンサの感度劣化を防止
各種出力信号により濃度制御、遠隔監視が可能
検水pH値の影響を受けにくくpH8まで測定可
構造がシンプルで、操作・保守も容易
壁掛け・スタンドと設置場所に応じて簡単取付
ロガー機能搭載
仕様
GR-10-35-22 モニタ部
測定対象 浄水配水中の遊離残留塩素
測定方式 3電極静止型
測定原理 ポーラログラフ法
測定範囲 0.03〜3.00mg/L(標準)
分解能 0.01mg/L
電極 作用電極: 金電極、比較電極: 銀−塩化銀電極、対電極: 金合金電極
表示 デジタル4桁LCD表示
繰り返し性 フルスケールの±2%+1デジット(pH、湿度、電導度一定時)
直線性 フルスケールの±5%(pH、湿度、電導度一定時)
ゼロドリフト フルスケールの±1%+1デジット以内/月
スパンドリフト フルスケールの±5%以内/月
応答時間 約1分以内(90%応答)
検水pH範囲 pH5.8〜8.6(変動幅1pH以内)
電導度範囲 5〜100mS/m(変動幅10mS/m以内)
伝送出力 DC4-20mA 絶縁型最大負荷抵抗550Ω
接点信号 上限、下限: 各1a  またはヒステリシス制御出力: 1a
メモリカードI/F SDHC/SDカード(使用可能容量: 32GB以下)
ロガー機能

日時、残留塩素濃度、流量、出力接点状態、入力接点状態、制御出力量(%)

サンプリング周期: 10, 20, 30sec, 1, 2, 3, 5, 10, 20, 30, 60min

メモリ使用量の目安: 128MBメモリカードを装着し、サンプリング周期10秒の場合、約18ヶ月

データファイル形式: CSV形式

制御出力方式 PWM/PFM/ヒステリシスON/OFFから1つ選択
接点容量 AC250V 1A MAX.(抵抗負荷)×2  ACピーク400V0.5A MAX.
電源 AC85〜264V
消費電力 約20VA
設置 壁面取付または50Aポール取付
寸法 440(H)×240(W)×98(D)mm ※モニタ、フローセル一体型寸法(突起部含まず)
フローセル
型式 FC-35
検水流量 0.3〜1L/min
接液材質 PVC、PA、アルミナ、シリコンゴム
設置方法 50A(2B)パイプ取付
検水入口 Rc1/4またはφ6×φ4チューブ
検水出口 内径15mmホースニップル
検水入口圧力 最大0.2MPa
検水耐圧 最大0.5MPa
センサ
型式 RE-22B
検水温度範囲 0〜45°C
温度補償 サーミスタによる自動温度補償
設置方法 測定槽に取付
洗浄方法 ビーズによる機械研磨および電気化学洗浄
センサケーブル
型式 CT4S-005
ケーブル長 0.5m(コネクタによる脱着方式)

外形寸法図
 

無試薬型残留塩素計(オーバーフロー型) GR-10-35-22 外形寸法図

単位(mm)