OPTEX 安全運転支援製品サイト

製品情報

導入事例

パートナー事例

運転挙動解析アルゴリズム

Q&A

お問い合わせ
セーフメーター ダイジェスト動画
DRIVE&LOVE ドライブにはラブがいる。私たちはプロジェクトメンバーです
新発売 クラウド対応セーフメーター

パートナー事例

タイトル

概要

ソニー損保様の新しいタイプの自動車保険「やさしい運転キャッシュバック型」*1は、運転特性*2を計測する専用器「ドライブカウンタ」*3を使用して、 ドライバーの「やさしい運転」を継続的に計測し、運転状況に基づいて保険料がキャッシュバックされる日本で初めての保険商品*4です。
当社のセンサ技術を活用しソニー損保と共同開発したドライブカウンタで、ドライバーの運転特性に応じた保険料の適用が可能となります。



>>ソニー損保様ウェブサイト

*1および*3:ソニー損保の登録商標です。
*2:ここでは「加速・減速の発生状況」を「運転特性」と称しています。
*3:オプテックスとソニー損保が共同開発した「やさしい運転キャッシュバック型」専用の計測器です。
*4:「加速・減の発生状況を保険料に反映する」ことです(2014年11月1日付ソニー損保調べ)


共同開発製品「ドライブカウンタ」について

ドライブカウンタに搭載しているオプテックスのセンシング技術は、加速度センサから得られる情報を、運転挙動解析アルゴリズムにより常時解析し運転状況を識別します。
これらのデータの中から保険にかかわるデータを抽出し、ソニー損保が保険評価システムに反映するという構成です。

保険評価システムに反映するだけでなく、スムーズに発進・停止した連続回数を常時表示するなど「やさしい運転」に対するモチベーションを高めるゲーム的機能も搭載しています。

また、このドライブカウンタは設置工事なく契約者自身で簡単にとりつけることができるスタンドアローンタイプです。 (車両の位置・速度・映像・音声などの情報を取得する機能及び通信機能はありません。)

>>当社独自のスムーズカウント機能が搭載された「セーフメーター」はこちら

担当者様からのコメント
運転特性反映型の自動車保険を開発するにあたり、この保険を広く普及させるためには、次の条件を満たす計測器が必要であると考えました。

・計測器の設置および取扱いが簡単であること
・機器費用を含めた運用コストが低いこと
・機器の信頼性が高いこと

オプテックスの実績と技術力により、上記条件を全て満たした弊社専用計測器(ドライブカウンタ)を開発することができました。

ソニー損害保険株式会社 会社概要
URL:http://www.sonysonpo.co.jp/

ソニー損保は、自動車保険、医療保険などの保険サービスを提供し、中でもダイレクト自動車保険においては売上(元受正味保険料)No.1の実績です。
お客様のカーライフをより安心で快適なものにできるよう、お客様の車との付き合い方に着目したリスク細分型の自動車保険を提供しています。

共同開発に関するお問合せ

ページの先頭へ戻る