OPTEX 安全運転支援製品サイト

製品情報

導入事例

パートナー事例

運転挙動解析アルゴリズム

Q&A

お問い合わせ
セーフメーター ダイジェスト動画
DRIVE&LOVE ドライブにはラブがいる。私たちはプロジェクトメンバーです
新発売 クラウド対応セーフメーター

ドライブレコーダーの信頼性をさらに向上させる「運転挙動解析アルゴリズム DBAA」

オプテックスのドライブレコーダーを支える技術、DBAA(Driving Behavior Analysis Algorithm)。
加速度センサから得られる情報を常時解析し運転状況を識別します。ここに、センシングメーカーとしての強みがあります。必要なものだけを的確に捉え、安心と安全を提供する、この弊社固有技術DBAAを発展させ、ドライブレコーダーの信頼性と可能性を向上させていきます。


ノイズキャンセリングテクノロジー(特許取得)

ドライブレコーダーでは、記録画像や常時録画でのイベントフラグには不要なもの(いわゆるゴミ記録)が非常に多いという課題がありますが、
DBAAにより、誤検知を最小限に抑え、道路上や路肩の段差などの記録を自動的にキャンセルします。これにより、急操作や急制動などのみを識別し、安定した運転挙動記録を実現できます。 図:ノイズキャンセリングテクノロジー

急ぎ運転アラーム(セーフメーターのみに搭載)(特許申請中)

急ぎ気味の運転傾向になると、普段は安全運転が出来ている人でも危ない心理状態になっている場合があります。
この急ぎ傾向が出ている運転挙動情報のパターンをDBAAが判別し、注意喚起を行います。 図:急ぎ運転アラーム

運転挙動解析アルゴリズム DBAAに関するお問合せ

ページの先頭へ戻る