OPTEX RECRUIT 2019 BRAIN

-

BRAIN*04

世界を一周して、新たなビジネスをつくり出す。

アジア営業本部 インド事業推進室 松山 穂(1998年入社)

入社後9年間は経理・財務部門で決算書作成や資金運用を経験しました。その後、経営企画部門で企業買収や他社の事業分析を担当し、社内異動宣言(FA制度)※にて自動ドアセンサの海外営業部門に異動しました。現在はアジア営業本部でインド市場を担当し、現地法人のマメネジメントや市場開拓、新たなビジネスづくりをしています。

今まで最高に面白かった、やりがいを感じた仕事は?

経理・財務、経営企画そして海外営業と、珍しいキャリアステップを踏んできました。それらの過去の経験が、知恵と自信につながって今の仕事ができていると思います。それぞれに面白く、次はさらに面白いという感じでここまできたので、この先もっと最高に面白い(しんどい?)仕事が待っていると思っています。わくわくしますね。

これまでの仕事で、忘れられない思い出はありますか?

2011~12年の間に、オプテックスはロシア、ブラジル、インドに会社を設立しました。設立にあたり、現地の業務フローづくりと会計全般のフォローが私のミッションでした。その後、2013年に3社の経理業務を同時にフォローする必要があり、2週間で総移動時間90時間にも及ぶ世界一周出張に行ってきました。まず、インドの現地スタッフを日本へ招聘して、1週間のトレーニング。合間には 琵琶湖でカヌーを一緒に楽しみ、その翌週からNY経由でブラジルに渡り経理業務をフォロー。さらにドイツ経由でロシアへ。最後に ポーランドで契約をまとめて帰国しました。途中、いろんなハプニングもありましたが、世界中に貢献できる仕事があることにやりがいを覚えました。

仕事を進める上でのこだわりは?

Simple is best.もちろん「適当に」というわけではありません。難しいことを難しいままに言うのは簡単ですが、それだと多くの部署や人が関わる仕事はスムーズに動きません。いろんなことを考慮した上で、本質として何が必要で何が求められているかを見極めること。そして、なるべくシンプルにアウトプットすることを大切にしています。

日常のふとした「ゆとり」が
仕事に役立ったことはありますか?

昔からジョギングをする時が、一番頭を整理できる時間です。プレゼン前や話の構成を考える時など、琵琶湖岸を1時間ほどジョギングしながらブツブツつぶやいています。海外出張が多いので、プライベートは家族といる時間を大切に!子どもの笑い声が一番のエネルギーです。

就職先にオプテックスを選んだ理由は?

興味を持ったのは、社員がいつも素のままで、変に自分を飾らない「妙な個性(笑)」です。人事担当者も、ざっくばらんに色々なことを教えてくれました。でも対応は丁寧で、内定後のOB訪問も快諾してくれました。最後の最後は「この人たちと働くと楽しいだろうな」と、人で決めました。「オプテックスは100mを9秒台で走れそうな人はいないけど、みんなゴールまで全力で走ろうとする」とは、ある部長の言葉。お互いを尊重し、各々が真面目に取り組んでいることが、最大の魅力であり強みだと感じています。

※FA制度…社員が自ら部署の異動を希望できる制度。経歴やスキルを希望する職種や部署にアピールし、受入れ部門が面接・選抜して異動を決定するシステムです。

PAGE TOP
  • PREV
  • NEXT
BACK TO TOP