社会貢献活動

当社社員の声

お問い合わせ

2009年度もオプテックスの社員が子どもたちの琵琶湖体験学習のサポートに、ボランティアとして参加しています。社員自身が環境保全の重要性を肌で感じたり、子どもたちに接したりすることでいろいろな気づきを得ることもねらいとしています。

技術開発本部 村田記一さん

「怖いよ~!」
一応、カヌーを岸辺から推してあげるんだけど、パドルの使い方が分からなくて、進めない。左だけ掻く子は、グルグルと右回りに回ってしまう。掻くタイミングと、カヌーが進むタイミングが合わないと、パドルが水の抵抗にあって、不安定に揺れる。そもそも、怖くて、パドルを水に入れることができない子もいる。水に入れると、船が傾くからだ。

片や、上手に漕いで行く子は、ずっと先に行ってしまって、(風が出てくると流されるのに、...)と、気が気ではない。

私の住む地区の小学校は、4年生がオーパルで研修と決まっている。身体の小さい4年生が、大きいパドルを振り回してカヌーを漕ぐのは、力づくではできない。大人なら、力で、水を掻くところだ。

最も気を遣うのは、安全面であるが、

「できた!」

と、うまく漕ぐことができるようになった子は、時間が来ても、一生懸命琵琶湖の水と格闘している。

地域では、小学生だけで琵琶湖で遊んではいけないことになっている。水難事故があるため当然の措置であるが、このような機会がないと、近くに琵琶湖があっても、何の体験もできないのが現状である。

オーパルに来た子ども達が、将来この体験を思い出して、カヌーに乗ってくれる、琵琶湖に親しんでくれる、そんな風になれば良いなあと、想像している。かく言う私が、最も楽しんでいる。会社を休んで、子どもになって、琵琶湖と戯れて。

琵琶湖物知りクイズ Q&A

琵琶湖に注ぎ込む川は何本?

(a) 約260本
(b) 約360本
(c) 約460本

答


琵琶湖物知りクイズ Q&A

琵琶湖の水が流れ出る海はどこ?

(a) 大阪湾
(b) 伊勢湾
(c) 若狭湾

答

技術開発本部 竹村 広さん

7月18日、オーパルの琵琶湖環境体験学習にボランティアとして参加しました。
はじめての参加でしたが、自らも琵琶湖の大切さ、素晴らしさを振り返る良い機会となりました。

私は、カヌー体験といかだづくり体験のお手伝いをさせていただきましたが、あまりアウトドアなほうでなかった事もあり、暑い中、ヘトヘトになりながら子供たちと一緒になって体験していました。カヌー体験に関しては、自分が漕いで行くのに必死であまりお手伝いになっていなかったかもしれません。

カヌーは、しっかりとバランスを取らないと横転してしまうのですが、オーパルスタッフのみなさんの熱心な指導もあって、子供たちはすぐにコツを掴んでヨシの中をスイスイと進みながら、3m以上もあるヨシに驚いたり、周辺に住む水鳥を見つけたりしてはしゃいでいました。

いかだづくり体験では、チームに分かれていかだを作り、実際に琵琶湖に浮かべてレースをするのですが、各チームでいかだの形状や漕ぎ方を工夫してレースに臨んでいて、そのアイディアや工夫に私も驚かされました。

滋賀県では、県内の小学生を対象に環境学習船「うみのこ」に乗り、琵琶湖の水質調査や体験学習を通じて自然の大切さを学ぶ、琵琶湖フローティングスクールという活動があります。
県内の小学生はほとんど参加しており、私も小学生4年生の時に参加しましたが、この時のことは今でも同級生の間で話題に上がるほど記憶に残っています。また、この活動を通して琵琶湖への愛着がより深まったという気がします。

そんなことを思い出しながら、体験での子供たちのキラキラとした目を見て、今回の環境体験学習が、参加した子供たちにとってそのような存在になれたのではないかなと思うことができました。

また、私自身も琵琶湖の素晴らしさに再び目覚めて、今ではすっかりとオーパルの常連として、ウェイクボードなどを楽しんでいます。次回参加する際は、オーパルのスタッフのみなさんにも負けない琵琶湖の似合う男として、子供たちに接する事ができればと思います。

琵琶湖物知りクイズ Q&A

琵琶湖の深さはどのくらいあるでしょう?

答


琵琶湖物知りクイズ Q&A

琵琶湖の水は北と南ではどちらがきれい?

答