社会貢献活動

琵琶湖環境体験学習

お問い合わせ

オプテックスは、琵琶湖畔の本社社屋を拠点として、自然体験やスポーツ活動の機会と場を提供しています。明日の社会を担う子どもたちに自然の大切さを学んでもらい、社会や人との豊かな関係を築いていけるような「生きる力」の獲得につながることを願っています。

MENU プログラム紹介 参加した子ども達の声 スポーツ体験学習 水環境・ものづくり体験学習の部 理科大好きスクール 当社社員の声 水環境・ものづくり体験学習の部 スポーツ体験学習 理科大好きスクール
プログラムの目的

 当社は企業経営の一使命として、社会貢献活動を位置付け、子会社オーパルオプテックス(株)の施設を拠点に、2002年より本格的に「琵琶湖体験学習など支援活動」を展開しています。
 本事業は、四季を通じて様々な景観を見せる琵琶湖畔に位置する当社が、その立地環境を生かして子どもたちに、琵琶湖畔での体験学習の機会の提供と活動支援を目的に実施しております。
 活動内容は、スポーツ体験学習(カヌー、ヨット、ドラゴンボード、いかだづくりなど)と水環境体験学習 (湖畔の生き物しらべ、ヨシ紙を使った笛づくり、湖畔の水環境しらべ、外来魚しらべ)などの多様な活動を展開しています。特に、学校の教科学習(理科・社会・体育 など)、宿泊体験学習、修学旅行、校外学習などで、当教育施設での活動支援をし、子ども達に心を揺さぶる感動体験を提供しています。この3年間では、およそ4 万人が「学ぶ意欲を高め、たくましい体をつくり、自然と共生する確かな環境観」を身に付けてくれています。
 また当社では、滋賀県の科学教育の振興を目的とする「滋賀理科大好き研究会」の事務局を担当し、文部科学省「学力向上拠点形成事業」(平成17・18年 度)の委嘱を受け、「わかる授業実現のための教員の教科指導力向上プログラム」に関する実証的研究を実施しました。研究では、琵琶湖畔での体験活動を通し て、「体験はすばらしい」「実験は楽しい」「理科や科学が好きになった」など、子どもたちに創造性と思考力の育成支援をいたしました。
 子どもたちの理数離れや思考力・知的好奇心の低下が、非常に深刻な問題となっている今日、子どもたちが学習意欲を高め、学力向上につながる活動に努めていきたいと考えています。

グラフ:琵琶湖体験学習参加人数の推移
琵琶湖環境関連団体へのリンク
オーパルオプテックス株式会社 ※「琵琶湖環境体験学習」実施施設
滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
「もの知りテーマパーク」日本のマザーレイク琵琶湖