活用事例
オプテックス株式会社HOME 活用事例 自走式立体駐車場の出合い頭事故を防止

自走式立体駐車場の出合い頭事故を防止

お問い合わせ
  • 安全・安心
  • 出入口
  • 交通
  • 店舗運営

係員の誘導のない自走式立体駐車場では、人と車、車と車の出合い頭の事故が起きやすい環境にあります。当社はセンサ技術で車の死角をカバーし、安全を守ります。

死角のできるT・十字路などでの衝突を防ぐ

立体駐車場は、カーブの手前や十字路などに死角ができやすく、出合い頭の衝突事故が少なくありません。事故の発生を防ぎ、安全な駐車場内走行を確保するために、見えない場所に存在する人や車両、その侵入方向などをセンサが正確に検知して、ドライバーに知らせます。

回転灯でドライバーに注意喚起

回転灯でドライバーに注意喚起

真下を通過する車両を認識する天井取付型センサなら、死角となるエリアをカバーし、安定した性能を発揮して1台1台をしっかりカウント。危険エリアに進入してくる車両を検知すると、回転灯を回してドライバーに注意を促します。

方向判別機能により、片方向進入時のみ反応が可能。

方向判別機能により、片方向進入時のみ反応が可能。

たとえば2階から1階に移動してくる車を検知したら、即座に1階の回転灯が作動。このように活用できるのも、当社の車両検知センサには、1台のセンサで方向別に車両をカウントする機能があるからです。

製品情報

車両検知センサ

技術情報

近赤外線センサ

お問い合わせ