活用事例
オプテックス株式会社HOME 活用事例 電車と可動式ホーム柵の間の残留者検出

電車と可動式ホーム柵の間の残留者検出

お問い合わせ
  • 安全・安心
  • 交通
  • 形状認識

駅のプラットホームにおける乗客と列車の接触事故や転落事故は増加傾向にあります。可動式ホーム柵設置などの対策に加えて、危険エリアに残留している人を駅員や運転士に知らせるシステムの導入が求められています。

 

 

可動式ホーム柵と電車の間を立体エリアでカバー

当社の3次元距離画像技術では、検出エリアを立体的に構成することができます。可動式ホーム柵の設置に加え、電車とホーム柵の間に立体エリアを構成することで死角を極力カバー。お客様が取り残される危険性が減少し、安全性をより、高めることができます。

ホームで想定される様々なシーンに対応

多くの人が利用するプラットホームで、想定される以下のようなシーンでの使用が可能です。

電車とホーム柵間の残留者検出 ホーム端の歩行者検出 線路への転落者検出 ホーム上の混雑度検出
電車とホーム柵間の
残留者検出
ホーム端の歩行者検出 線路への転落者検出 ホーム上の混雑度検出
お問い合わせ