活用事例
オプテックス株式会社HOME 活用事例 昇降機の安全性と運転効率の向上

昇降機の安全性と運転効率の向上

お問い合わせ
  • 安全・安心
  • 効率化
  • 形状認識

3次元で空間情報を取得する距離画像技術を利用することで、エスカレーターやエレベーターの周辺に人が密集したときに、エリア内の人数や混雑度を検出でき、安全性向上や事故の未然防止に貢献することが可能です。

 

 

人の位置や移動方向などの情報を得て、運転を制御

立体的な空間情報を取得し、人が移動する方向やスピード、設定エリア内の人数を認識。一定の混雑度を超えた場合、音声で利用者に注意を促したり、昇降機の運転を制御することができます。また、人がいなければ運転を止めるなど、省エネ運転も可能です。

想定される様々なシーンに対応

多くの人が利用する昇降機では、想定される以下のようなシーンでの使用が可能です。

ステップや踊り場の混雑度や密集度に応じた運転制御、注意警告。
踊り場での転倒や危険ゾーンへの侵入を検出。
エレベーターのカゴ内外やエスカレーター上に存在する人を認識し、混雑度を把握して運転効率を向上。

1) ステップや踊り場の混雑度や密集度に応じた運転制御、注意警告。

2) 踊り場での転倒や危険ゾーンへの侵入を検出。

3) エレベーターのカゴ内外やエスカレーター上に存在する人を認識し、
混雑度を把握して運転効率を向上。

お問い合わせ